データを覆すのはエイシンヒカリか?ラブリーデイか? 秋の天皇賞を徹底検証

重賞データ攻略
天皇賞(秋)スワンSアルテミスS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エイシンヒカリの東京3戦

アイルランドT(OP・芝2000m)
 →前半1000mが58秒2、ラスト3Fが11秒4-11秒6-12秒8(35秒8)

エプソムC(GIII・芝1800m)
 →前半1000mが59秒2、ラスト3Fが11秒2-11秒2-12秒2(34秒6)

毎日王冠(GII・芝1800m)
 →前半1000mが59秒9、ラスト3Fが11秒0-11秒3-11秒7(34秒0)

 レースの格が上がる毎にペースが落ちて上がりの速いレースをしているという点は非常に興味深い。今回はGI、しかも秋の天皇賞における逃げ馬は、過去10年でダイワスカーレットの2着があるだけ。思いの外、人気が集中していないのも、「ハイペースになって潰れる」という予想があるからだろう。もし、ハイペースになれば面白いのがダービーフィズラストインパクト。ダービーフィズは北海道の2戦がともにハイペースを差す競馬。ラストインパクトは昨年末の金鯱賞でレコード決着のレースを差して勝っている。

 大方の予想を裏切ってスローな展開になったとしたら…。ラブリーデイは前走の京都大賞典で上がり3F32秒という末脚を使って見せた。鳴尾記念や中山金杯のように、ペースの速い競馬だけでなく、スローな展開でも強いのだから、京都大賞典組に実績がなくても押さえなければいけない気がしてくる。平成以降、宝塚記念と京都大賞典を連勝したのはメジロマックイーンとテイエムオペラオーの2頭だけだった。マックイーンは京都大賞典がラストランになったが、オペラオーは天皇賞~JC~有馬と連勝を伸ばしている。ラブリーデイがデータを覆す怪物という可能性も捨て切れない。

結論

エイシンヒカリ
ディサイファ
イスラボニータ
ショウナンパンドラ
ラブリーデイ

ハイペースで穴→ダービーフィズラストインパクト

ラブリーデイ

データを覆す可能性を秘めているラブリーデイ(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2018年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル