秋も主役は譲らなかったラブリーデイ 代打浜中も完璧騎乗で勝利をアシスト

佐藤直文 レース回顧
天皇賞(秋)スワンSアルテミスS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

圧巻の大外強襲 デンコウアンジュ 【アルテミスS】

 3コーナー手前から断然人気のメジャーエンブレムがハナを奪い、直線でもセーフティリードを保ったままの逃げ切りか、と思わせたところで、外からデンコウアンジュが豪快な差し切り劇。4コーナー大外から、どれだけ脚を使えるのかと見ていたが、まさか差し切るとは思わなかった。東京コースが向いたことは確かだが、勝ちっぷりは素直に評価すべきだろう。

デンコウアンジュ

ゴール直前で人気のメジャーエンブレムを捕えたデンコウアンジュ(撮影:日刊ゲンダイ)

 メジャーエンブレムは、スローペースを無理に抑え込まずに行かせたルメール騎手の好判断が光った。最後は内外に離れたこともあって仕方のない2着であり、けっして評価は下がらない敗戦だ。

 3着クロコスミアは、スムーズに捌けてはいなかったが能力は示した形。今後は馬体の成長も待たれるところだが、キャリアを積めば牝馬同士の重賞を勝てるレベルだろう。

 カイザーバルは、輸送の影響でうるさい面を見せていたが、レースに行っても気の悪さを出してしまったもの。素材は一級品だが、血統的に気性面の問題が課題となる馬だろう。ビービーバーレルは、好スタートからハナへ行きかけたところで抑えたのが裏目になったもの。そこからは全く自分の走りができておらず、参考外と言える一戦だ。

忘れずに買おう 次走の注目馬

 今回は若手TMの担当で。まず、伊利TMのセレクトは、東京日曜8R、3着リアルプロジェクト。先行馬がバテない流れで、最後は前が壁になってまともに追えなかったもの。久々だったことを考えれば、次は負けられないはずだ。

 馬場TMのセレクトは、東京日曜5R、3着ルミナリースピン。まだ馬体が太い中で渋太く粘ったもので、次は大きな上積みが見込めそうだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ダービー特集

2019年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル