雨とムーアでラキシスが連覇濃厚? ヒートアップのエリ女座談会

優馬TM座談会
エリザベス女王杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

対する少数精鋭の3歳勢 ルージュ&タッチング&クイーンズ

上田「過去10年で3歳馬が5勝と、古馬と互角の数字を残しているけど、出走頭数を考えればはるかに古馬に優っていると言えるよね。そして2着馬も含めて、3歳三冠レースを勝てなかった馬の好走も目立つんだ。斤量面での恩恵も大きいと思うし、俺は3歳馬ルージュバックで勝負したいな。無冠でも三冠勝ち馬が不在なんだし、オークス2着で実績は十分だと思うよ」

清野「デビュー以来崩れたのは、稀に見るスローの展開を馬群でモマれている内に終わってしまった桜花賞だけですからね。オークスは好位からの正攻法で目標になったぶんの2着ですし、編集長に激しく同意します」

久光「問題はぶっつけになる点ですよね。僕は急仕上げの感が否めないんですが…」

西田「最終追いを見た、ある調教師が“今までで一番いい状態なのでは”と言ってましたけどね。輸送さえクリアできれば、力を発揮できるかもしれませんよ」

小野智「馬のテンションが上がらないようにと、追い切りでは跨いでいない戸崎圭騎手ですが、陣営からは春当時よりもデキは間違いなくいいと聞いているそうですし、“一番いい走りだったきさらぎ賞と同じ京都コースだし、人気が下がるのなら美味しい馬券になりますよ”という頼もしいコメントを信じたいですね」

守屋「当初は札幌記念から結果次第で凱旋門賞へ、というプランがあったほどの馬ですからね。世代牝馬どころか、現役でトップレベルの力があるのは間違いないですよ。仕上がりについて大竹師は“帰厩してからは、元気のバロメーターである尻っぱねをしているし、当初は不満が残った反応も、前に目標を置いた最終追いでは明らかに良くなっていた。間に合ったと思う”と話していました。そして“ぶっつけで初の古馬相手がGI。雨もどうかな…”と、最後は“泣き”のコメントも出たんですが、これは常に控え目な師の常套手段。アッサリまであって不思議はないと思います」

加茂「そもそも、将来のある馬なんやから、状態が悪ければ札幌記念と同じようにパスできるはずやろ。出てきた以上は力を発揮できるっちゅうことや」

須藤「僕も目下5年連続で連に絡んでいる3歳馬から入りますが、やっぱり久々は割り引きたいルージュや、距離延長がプラスとは思えないクイーンズリングよりも、タッチングスピーチに食指が動きますね。前走は内回りコースに泣きましたが、ゴール前の脚は目立っていました。キャリアが豊富でレース運びが上手な昨年の1、2着馬も強いとは思いますが、末脚の威力ならすでにこの馬が上回っているはずです」

小桧山「不器用な面があるから、前走はコースだけでなく展開も厳しかったよ。それでも0.3秒差なんだから、評価は下がらないぞ。外回り2200mに替わって、もう1回ルメール騎手なら、ミッキークイーンに完勝した2走馬の走りを見直すべきだな」

瀬古「前走について、ルメール騎手は“スタート前のテンションが高かった。コンディションはローズSと同じだったけど、メンタル面が違っていた”とのことでした。勝負どころでスッと反応ができなかったことは確かですが、ロスがあって脚も余し気味でしたから悲観する内容ではなかったと思います。“今年か来年にはGIを獲れる馬。それが今回かもしれない”とも言っていたように、手応えはある様子でしたよ」

那谷「距離延長が嫌われて誰も◎を打っていないクイーンズリングだけど、秋華賞はミルコが“内回りの2000mなら大丈夫”と言っていた通りの結果となって、いまだに◎を打てなかったことを後悔しているんだ。ただ、今回は外回りでさらに1ハロンの距離延長だからな。吉村師は“中団から運んでもらう”とのことだが、そのポジションで前走のような“ハマった”感のある脚が使えるかは微妙だよ。再度後悔はしたくないけど、今回は連下までの評価が妥当だと思うんだ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル