充実する2歳中距離路線。クラシックにどう繋がる?

馬声人語
ホープフルS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホープフルSと皐月賞

 ラジオNIKKEI杯2歳Sを中山に移す形でGIIのグレードを手に入れたホープフルSの1着賞金は6500万。GIである朝日杯FSの1着賞金が7000万だから、ホープフルSはほぼGIのようなものである。実際に、将来的にはGI昇格という噂もあるが、もしそうなれば、有馬記念との同日開催となるのだろうか。だとすればホープフルSの存在は、かねてから意見のあったGIレースの同日開催に対する馬券発売面での試金石となるだろう。

 ホープフルSの重要度が増すということは、 即ち同舞台で行われる皐月賞の持つ価値を高めるということに他ならない。ただ、皐月賞の問題点に「馬場の悪化」がある。ダービーも視野に入れる有力馬の陣営にとっては、馬場の悪くなりがちな皐月賞はあまり歓迎ではない。以前から思っていたことではあるが、チャンピオンを決めるGI戦は芝の状態が良い開幕週付近で行うべきではないか。それによって有力馬の故障リスク等を抑えられる可能性もあり、有力馬の保護は年間を通して魅力あるレースの提供にも繋がるはずだ。

2歳中距離戦増加の意義

 さて、冒頭の「2歳中距離戦の増加に伴う有力馬の分散」についてだが、筆者はそれがマイナスとは思わない。2歳戦の中距離レースが多頭数になりにくく、スローな展開が多いのも今に始まったことではない。むしろ2歳中距離戦が増えるということは、有力馬の賞金加算機会が増えるということも意味する。それは翌年のクラシック戦線がより充実したものになるということに繋がり、最終的には2~3歳馬のレベルアップにも繋がっていくだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

日本ダービー特集

2019年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 予想オッズ・人気
  • 想定騎手
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル