イスラ&モーリスは消し! ディープ産駒が強いマイルCS、データ班の最終回答は…

重賞データ攻略
マイルCS東京スポーツ杯2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京都の芝といえば、ディープインパクトの庭、というイメージが強い。それはこのレースでも例外ではなく、過去3年で5頭が馬券に絡む活躍。その血統構成を見てみると、5頭全てが母方にノーザンダンサーの血を持っていた。さらに言うと、ダノンシャーク(2014年1着、2013年3着)以外の3頭は母方にノーザンダンサーのクロスが入っており、ディープとの配合でノーザンダンサーが3本以上入る血統構成になっているのが特徴。

 連覇を狙うダノンシャークは今年7歳。7歳以上で唯一馬券に絡んだのは2009年1着のカンパニーだが、当時の同馬は毎日王冠と天皇賞を連勝して勢いに乗っていた。今年のダノンシャークにそこまでの勢いがあるとは言いづらい。

 ディープインパクト産駒で母方にノーザンダンサーのクロスがあるのはサトノアラジントーセンスターダムフィエロの3頭。サトノアラジンフィエロには重賞勝ちの実績がないが、芝マイル戦の複勝率は50%以上なので、例外としての条件はクリア。トーセンスターダムは初の芝マイル戦で距離実績はないが、海外とはいえGI2着の実績があり、こちらも例外としての条件はクリア。このグループを軸に据えたい。

 実績面の条件をクリアした中で気になるのがレッツゴードンキ。3歳馬は過去10年で3着が2回あるだけだが、そのうち1頭は桜花賞馬だった。また、今秋の京都の外回り芝1600m戦は7鞍あったが、キングカメハメハ産駒が〔3.0.2.2〕と好調。4角3番手以内の馬が〔5.3.2.16〕と健闘していることから、勝ち切るまでは行かなくとも3着なら…、ということで紐に加えたい。

 さて、冒頭に触れたモーリスだが、安田記念からの直行馬は過去10年で〔0.0.0.5〕。サンプル自体は少ないものの、その殆どが大敗。流石に軸にはしにくい、というのが本音である。

結論


サトノアラジン
トーセンスターダム
フィエロ


ヴァンセンヌ
レッツゴードンキ

フィエロ

昨年2着のディープインパクト産駒フィエロ(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

日本ダービー特集

2019年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 予想オッズ・人気
  • 想定騎手
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル