ノンコノユメはクロフネ級の化け物? チャンピオンズC座談会でウワサを検証

優馬TM座談会
チャンピオンズカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

両雄に肉薄 3歳馬ノンコ&本格化サウンド

落合コパノホッコーの強さを認めつつ、それ以上の魅力を感じるのが、ノンコノユメだよな。何しろ、前走は初めての古馬との手合わせで、しかも4ヶ月ぶりでの勝利。斤量も58キロから56キロになるんだから、前走以上の破壊力を期待していいんじゃないか?」

中邑「しかも、前走の展開自体は前残りでしたから、そこでの直線一気は本当に強い競馬でした。勝負どころでズブさを見せるところもありますが、逆にまだ伸びしろがあるということでしょう。これで4戦4勝のルメール騎手とも、よほど手が合うんだと思います」

田崎ノンコノユメの前走が文句なしの強さだったことは認めますが、今回は相手も違いますよね」

佐藤直「前走1分34秒7の走破タイムだけど、いくら稍重で速い時計の出る馬場だったとはいえ、東京1600ダートで1分35秒を3歳時に切ったのは、あのクロフネ以来の2頭目なんだぞ。そんくらいのレベルの時計を、58キロを背負ってマークしたんだから、このメンバーでも差し切れていいんですよ」

板子ノンコノユメは、長くいい脚を使うというよりも、一瞬の爆発力が武器ですよね。比較的流れが落ち着きやすい中京では、差し切るイメージも沸かないんですが」

久光「僕も、この馬にとって、これまでのキャリアで最も向かない舞台だと思います。最内枠も、外へ出すためのロスが生じるんじゃないかと」

西田「久々で58キロを背負って激走しての中2週。反動が心配なのは確かですね」

小島「みなさん、重箱の隅をつつくようなことばかり言ってますけど、枠に関しては陣営も“あの脚質だからどこでも同じ”と、全く意に介してませんよ。前走については、直さんも言われていたように“やはり化け物”と確信したようですし、中2週になる点でも陣営にはピリピリした雰囲気がないんですよ。“まだ3歳なんだし、今回勝つに越したことはないけど、来年以降も楽しめるから”と、全く気負いも見られませんね。まあ、展開については、陣営にもコーリンコパノがガンガン行ってほしい、みたいな雰囲気がありましたが」

デスク「寡黙な本紙、中田も、そういう期待を込めての◎なんだな」

中田「青竜Sから順に分析していくと、おのずと…」

デスク「この4連勝が、相手も段々と強くなっていく中で、自身も進化し続けている、ということだな。今回の通訳は、私デスクが務めさせていただきました」

ノンコノユメ

陣営も“やはり化け物” と確信したノンコノユメ(撮影:日刊ゲンダイ)

西田「私は充実著しいサウンドトゥルーのGI初制覇に期待します。前走のJBCでは、勝ったコパノをはじめ、前にいた馬が上位を占める流れを、外々を回って長くいい脚を使っての2着ですから、着差ほどの力差もないと思います。左回りの方がよりスムーズな馬ですし、機は熟したのではないでしょうか」

小桧山「条件級でウロウロしていた頃は1000万止まりだと思っていたけど、大躍進を遂げているよな。2走前はコパノを、そして前走はホッコーを負かしているんだから、人気ほどの差がないのは確かだぞ。3走前にはコースを経験済みだし、昨年のようなスローにはならないと思うから、俺も差し脚に賭けたいな」

板子「ここ2走で、一線級相手でも通用する力を身に付けたことを証明しましたが、陣営によると“交流重賞では馬群がバラけるので、レースが運びやすい”と言っていました。馬群が固まりやすい中央では、そう巧くは運べないということかもしれませんが、芝スタートではテンに置かれてしまう馬でもあり“ダートスタートのコースでは追走に手間取らないし、中京へのコース替わりはマイナスにはならない”と。僕も十分通用すると思っています」

木谷「日本テレビ盃での豪脚は確かに凄かったですよね。同じ脚質でもノンコノユメより確実性がありそうですし、何より、セン馬らしく“鮮”度の良い今が買い時でしょうね(笑)」

デスク「んなものはスルーして、先へ進むぞ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル