TMアンケート『ダートの最強馬といえば?』

今週はダートのチャンピオンを決めるフェブラリーS。というわけでTMアンケートのテーマは『ダートの最強馬といえば?』 さて、皆さんはどの馬を思い浮かべますか?

TMアンケート
チャンピオンズカップフェブラリーS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントでアンケートに参加できます

アンケート結果(回答者39名)

21票 クロフネ

2票 カネヒキリ、エルコンドルパサー、ホクトベガ、タケシバオー、セクレタリアト

1票 アドマイヤドン、ブロードアピール、オーバーレインボー、アブクマポーロ、メイショウホムラ、ヴァーミリアン、アンドレアモン、スマートファルコン

やはり最多得票はクロフネ!

クロフネ

予想どおり!? クロフネが2位以下を大きく離して得票数トップ!(撮影:日刊ゲンダイ)

武井TM(関東本紙)

クロフネ
武蔵野Sでマークした1分33秒3という時計は、何度目にしても驚かされる衝撃的な数字。

田崎TM(関西本紙)

クロフネ
天皇賞を除外されて臨んだ武蔵野Sで9馬身差の圧勝。次走のJCダートも7馬身差と、芝でもGIを制した記憶が薄れるほどのパフォーマンスを見せてくれた。体つきも文句なしに一番。

佐藤直TM

クロフネ
ダート2戦の強さは衝撃的。強い馬はちぎるのです。

小野智TM

クロフネ
初ダートだった武蔵野Sで圧勝したときは衝撃的だった。続くJCダートでも1秒以上の差をつけてV。無敗のダート馬として記憶に残る。

坂倉TM

クロフネ
月並みだが、芝からシフトしての2戦が圧倒的。ダートでは負けナシで引退して種馬としてもダート馬を続々と出しているのも…。

西田TM

クロフネ
GI 2勝とも圧倒的なパフォーマンス。感動しました。

上田編集長

クロフネ
長く競馬をやっている方に言わせるとタケシバオーと答える方が多いようだ。ただ、私は記録でのタケシバオーしか知らない。調べてみるとダートは5戦4勝、うち3戦がレコード。2着馬に2.8秒差のOP勝ちもある。デビューが私が生まれた1967年、その時代の馬がアメリカに遠征していることからも、相当な強さだったのだろう。だが、残念ながら強さは肌で感じていないので、この馬のことは年上の方に語っていただくことにしよう。
競馬を始めた頃に強く印象に残っているのはダイナレター。60キロ以上の斤量を背負ってOP特別を勝っていた姿を思い出す。ダートの戦績は15戦10勝。
ただ、これを覆したのはクロフネだ。初ダートの武蔵野Sで2着馬に1.4秒差をつけてのレコード勝ち。ダート2走目のJCダートでも2着に1.1秒差のブッチギリ。この後に屈腱炎で引退となったが、ダートで負けることがイメージできないほど、前述の2走は強かった。しかも初ダートとなった武蔵野Sは秋の天皇賞に出走できないという理由で試しに走ったという経緯が…。運命とは不思議なもの。

小桧山TM

クロフネ
思い入れはないが、3歳秋で武蔵野S、JCダートを連勝。2着に1.4秒、1.1秒差をつけてのものだけに強い。2着馬も順にイーグルカフェ、ウイングアローだけに相手のレベルも低くはない。むしろ高いと言える。引退したのは残念だが、現役であれば連勝が続いたのでは。
(余談だが、ホクトベガについて。ダート路線で新境地を開き、交流重賞総ナメした牝馬。芝でも牡馬1線級と渡り合ったていたが、ダートで更に上のパフォーマンス。馬券も取らせてもらったのもあり、一応挙げておく。)

須藤TM

クロフネ
クロフネとしか書きようがないです。理由は2戦ともに強かったから。思い入れは特にないです。「印象に残るダート馬」とかなら色々な馬名が挙がると思うのですが…。

瀬古TM

クロフネ
ダートでの2勝がとにかく強かった。

コメントでアンケートに参加できます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 2017/05/08(月) 20:02:41 ID:7b3648e7a

    ダイナレターで絶対。レースは斤量との戦いだった。

  2. 2016/06/15(水) 20:39:45 ID:e90b1387d

    サンビスタ、牡馬ならホッコータルマエ

  3. 2016/04/07(木) 15:57:01 ID:3cc90a4de

    オグリキャップじゃないかな

  4. 2016/04/07(木) 14:51:03 ID:859055d2a

    ホクトベガが最強!
    牡馬限定ならトウケイニセイです。

  5. 2016/04/07(木) 13:08:24 ID:2007dc35a

    ライブリーマウント

  6. 2016/03/27(日) 20:03:58 ID:72b61bc38

    ホクトベガ。
    捲り一発で全て楽勝は次元が違った。
    ドバイの結果には呆然とした…。

  7. ya-san 2016/03/27(日) 15:08:59 ID:e07eb1e75

    クロフネに一票!! 芦毛馬にも拘わらず、外国産馬にダービー解放元年でダービーを勝つことを宿命付けられた『クロフネ』という名前に金子オーナーの執念を感じました。ダービーでは勝てなかったけど、前走のNHKマイルカップでは、届きそうもないと感じた大外からの大完歩のマクリでG1制覇、その時のタイム1:33.0は、芝のマイルとしては水準的でしかなかったが、天皇賞(秋)のアグネスデジタルの出走決定で急遽登録になった武蔵野Sで、鞍上の武豊が3・4コーナーで大外から仕掛けて、端で観ていて暴走気味に先頭に立ったにも拘わらず、ムチをもったままで楽に追った走破タイムは1:33.3で、もしまともに追っていたら1:33.0も切っていたかもしれず、芝と日本の重いダートの両方で1:33.0位で走破出来た馬は、それ以前もその後も存在せず、有る意味『クロフネ』による衝撃は、アメリカのチャンピオンホースの一頭だったリドパレスを遥か後方へちぎり捨てたJCダートの2100mの世界レコード2:05.9を通して、ダートの母国へももたらされた!!

  8. タイキブリザード 2016/03/22(火) 08:04:56 ID:93a6d780a

    ダートに専念してたら最強だったよ!

  9. 2016/03/18(金) 23:20:18 ID:49164e7b0

    アグネスデジタル
    芝もダートもどんだけ勝つねん(笑)
    勝負強い!

  10. 2016/03/17(木) 18:29:44 ID:3cbe85147

    バトルライン。ユニコーンSの1位降着で、その後の予定調和が狂ってしまったが…

  11. 2016/03/17(木) 14:21:09 ID:cc7920561

    ホクトベガ。中野師にダートならヒシアマゾンでも敵わないと言われた同馬。ダート路線がもっと早くから整備されていれば…

  12. タカ 2016/03/13(日) 00:05:53 ID:784eaa06c

    シンコウウインディ。
    並ばれたら嚙みつきに行く程の勝負根性は、笑わせてくれましたが、こんな馬はこの馬以外見たことがありません。笑

  13. 2016/03/11(金) 08:39:42 ID:38a9a185f

    ライフタテヤマ;この馬から、近年のダート適性の言葉が生まれたような気がします

  14. 2016/02/20(土) 20:44:15 ID:0a5ef9966

    クロフネ!と言いたいところですがブロードアピールを。

  15. mケー 2016/02/19(金) 22:22:04 ID:9c8de2ea0

    クロフネ
    JCダートで2000m通過がどう遅く見積もっても2分を切っていた。ダート2000mを2分を切って走った馬はこの馬しかいない。

  16. 2016/02/19(金) 17:35:08 ID:56d51f67c

    ナリタハヤブサ
    60.5kg背負ってレコード勝ちする芸当ができる馬、いますか?

  17. イタリア長介 2016/02/18(木) 17:17:15 ID:39ddf759f

    ライフタテヤマと思います。ダート全勝でしたが、勝ち方は無限の可能性を感じるものばかりでした。

  18. 2016/02/18(木) 15:47:25 ID:143e3f7a9

    マルゼンスキーかも。

  19. 2016/02/18(木) 14:51:33 ID:7595396e4

    私も「元祖怪物」タケシバオーに1票。道悪、馬場、距離、斤量、何でもこなすこの馬は正に「怪物」。ダートの適性が特にあったと思う。

  20. 2016/02/18(木) 14:09:12 ID:9a8dd2a92

    タケシバオー最高だった。一冠も取れなかったが、同年代の馬では最強と思う!

  21. 2016/02/18(木) 13:45:00 ID:7c819d2b4

    カネヒキリ
    G1いくつ勝ったかも大事だけど、強いライバル、ヴァーミリアンがいたことを考えると、この馬が一番かな。何度も怪我に泣かされたが、屈腱炎から復活して勝てたジャパンカップダートは、ホクトベガが競争中止したときと同じくらい泣けるレースでした。

  22. 2016/02/18(木) 13:26:26 ID:0fee23957

    メイセイオペラ
    地方所属馬でJRAのG1を勝った唯一の馬として私の中では最強のダート馬です。

  23. 2016/02/18(木) 12:49:23 ID:80c320437

    トーシンブリザード
    無敗で4冠達成。怪我がなければ、アグネスデジタルにも
    勝っていたと信じています。南関東3冠は見ていて圧巻でした。
    クロフネのJCは競馬場で見ていました。
    追い出し早過ぎだと思ったら・・・止まらずゴール。
    確かに印象強かった。
    どちらも甲乙つけがたいですが、個人的な思い入れで
    トーシンブリザードを最強と思いたい。

  24. 2016/02/18(木) 12:46:52 ID:d3b191038

    ゴールドアリュール
    ノド鳴りと情勢不安がなければドバイやブリーダーズカップでも勝負になったはず
    エスポやスマファルなどのダート産駒を見ても晩成タイプなはずであり、さらに延びが期待できていたのに残念。

  25. umauma 2016/02/18(木) 12:43:15 ID:6da936f4e

    ナリタハヤブサの東京1600m1.34.5はクロフネに破られるまで不滅のレコードだった。

  26. コスモ 2016/02/18(木) 12:42:41 ID:ee76ebe86

    他にも挙げている方がいますが、私もライフタテヤマです。
    当時は、谷間の番組に地味な感じでダート重賞があるだけ。
    ローテもなにもない、本当に扱いは酷いものでした。
    芝でも重賞勝ちがありながら、やはりハイセイコーの仔、ダートは次元の違う走りでした。
    秋の天皇賞でも人気の一角になるほどの逸材だったライフタテヤマ。

    今の時代なら交流レースを含めて無敵なはず。

  27. まんばけん 2016/02/18(木) 12:28:54 ID:47d296949

    ライフタテヤマ
    ダート5戦5勝
    あのフェートノーザンすら子ども扱い
    現代のようにダート重賞が完全整備されていれば・・・
    クロフネにも勝てるでしょう

  28. tkttkttkt2 2016/02/17(水) 23:07:22 ID:9d3f9e218

    スマートファルコンですね。

  29. 馬の師匠 2016/02/17(水) 22:48:32 ID:c5001d204

    心情的には「ホクトベガ」や「クロフネ」、あるいは「カネヒキリ」の強さを思い浮かべますが、数字や記録から云えば「ヴァーミリアン」に落ちつくような気がします。
    ダート獲得賞金No.1、GI/JpnI9勝、7年連続重傷勝利、他にも東京競馬場をはじめ5つの競馬場でGI級の勝利など記録的には十分かと。

  30. スーパーGL 2016/02/17(水) 20:47:12 ID:f8c0a9911

    ホクトベガです
    最強と言うより思い出が最強ですね。

  31. 2016/02/17(水) 18:42:39 ID:89048b9aa

    ウイングアロー

  32. nabeoolongtea 2016/02/17(水) 18:31:34 ID:bd6e619f0

    クロフネの強さが印象的です。脱帽しました。

  33. spy 2016/02/17(水) 18:10:14 ID:0eb8c24f8

    地方でも走れば強かっただろうクロフネ。
    それは認めつつアブクマポーロ。

  34. イルカ 2016/02/17(水) 17:47:00 ID:6e2ceebb0

    最強はホクトベガかなぁ。

  35. ふっちー 2016/02/17(水) 17:46:25 ID:1e6859d27

    オールウェザーですが、世界を制したヴィクトワールピサ。
    明日の日本がどうなるかわからない時期に、涙しました。

  36. つっちゃん 2016/02/17(水) 17:29:18 ID:0b013d844

    不滅のレコードホルダー、キヨヒダカに1票。

  37. まる 2016/02/17(水) 15:58:22 ID:3c406aea6

    メイショウボーラーを忘れてはいけない気が。

  38. ゆうくん 2016/02/17(水) 15:14:18 ID:14dd988ed

    ホクトベガですね。

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル