超スローペース! 平凡な前哨戦 本番でも期待できる馬は…

佐藤直文 レース回顧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も巧く流れに乗れて 【福島牝馬ステークス】

 小回りの福島では、まずレースの流れに巧く乗ることが好走の条件であり、なおかつ脚をしっかりと溜めるという、相反するかのような立ち回りが要求される。今回、それを完璧にこなせたのが、スイートサルサだった。取り消し明けであったが、馬体はキッチリとデキており、課題の右回りでも走りは実にスムーズ。何より、長くコンビを組み続けている田中勝騎手が、自信を持って乗っていたように思えた。

 2着リラヴァティは、1000万を勝ち上がったばかりの格下馬だったが、ローズステークスで3着の実力馬。マイナス12キロの馬体も、当時に近いものであり、これくらいの体で良いのかもしれない。

 最終的には1番人気となったパワースポットの方は、明らかに減り過ぎのマイナス18キロ。ただ、後方から直線だけ、という競馬しかできない馬であり、体調万全だったとしても、届かなかったか。

 ブランネージュは、勝負どころで仕掛けが遅れ、直線でもゴチャついて挟まれる不利。仕方がないとは言えるが、小回りの福島を攻略するだけの器用さに欠けていた。

忘れずに買おう 次走の注目馬

 まず馬場TMの推奨馬は、東京日曜2R、4着マゼンタ。直線で前が壁になり、外へ持ち出すロスがあったもの。終いの伸びは目立っており、未勝利卒業もそう遠くはない。

 伊利TMの推奨馬は、東京日曜5R、7着ラセレシオン。既走馬相手の不利に加え、使って仕上げる藤沢和厩舎なら次の前進は確実だ。ペルーサの下という良血で走りっぷりも悪くなく、距離が延びれば更に良さそう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル