「あのジョッキーに勝たせてあげたい」 新潟2歳Sの戦前ウラ話

優馬TM座談会
新潟2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

傑出馬不在の混戦ムードだが 本紙武井はスケール重視でアノ馬を

デスク「対戦比較ができないし、単純な時計比較もできない…。このレースはいつもそうなんだが、今年は例年以上に混戦ムードだよなぁ」

武井「難しいことは確かですが、ロードクエストが勝った昨年の結果をふまえても、ここは最もスケールの大きな馬を買うべきだと思いますね。◎に推したモーヴサファイアの前走は、1000m通過が59秒1と、この時期の2歳戦としては速い流れの中で、出遅れて外を追走する形ながら、直線でもうひと伸びしての完勝でした。粗削りな競馬でしたが、スケールの大きさを十分に示したと言えます。ここは新潟の軽い芝への対応も鍵となるでしょうが、兄ブラックスピネルが京都でオープン特別を2勝し、速い上がりのレースに対応していた馬なら、問題ないでしょう」

大江原「勝ちタイム自体は平凡かもしれないけど、センス溢れるレース運びと、雄大な馬体からも、ここでの大物感は抜けているんじゃないか」

佐藤直「このレースはそんなに難しく考える必要はなくって、前走が左回りの1600mで、上がり3ハロンがメンバー2番以内、という条件で線を引けるんだ。これにゆったりとしたローテーションを加えたら、モーヴサファイアが浮かび上がるわけだな」

デスク「ただ、中7週はゆったりどころか開き過ぎの気もするし、スタートだって課題がある馬なんじゃないの?」

「最終追いは終い重点でしたが“スッと反応して前の馬を捕まえてくれた。デビュー前のフワフワする面がマシになっている”と、池添学師も満足のいく内容だったようです。ゲートに関しても“レースを一度経験したことで今度は普通に出てくれると思う”と、それほど心配もしていないようでしたね」

小島「ただ、スケールの大きさという点では、イブキの勝ちっぷりもなかなかのものだったと思いますよ。1ハロンの距離短縮は特に問題はなさそうですし、立ち回りの巧さは混戦でより生きるはずです」

西田「初戦の着差こそ半馬身でしたが、併せる形のゴール前で手前を替えてスッと抜け出したあたりは、着差以上の完勝と言えますよね。求められたことにキッチリ反応する大人びたレースだったように感じました」

坂倉「デスクも言うように、大半の馬がキャリア1戦で比較しづらい面はありますが、イブキの新馬戦の2着馬は、次走でこれまた着差以上に楽な競馬で勝ち上がっています。これは一応の目安になるのではないでしょうか。とにかく、今年は例年よりも小粒なメンバーだと思うので、何でもアリかもしれませんが…」

清野「デムーロ騎手で東京の新馬を勝ち、2戦目は田辺騎手に乗り替わってココ、というイブキは、昨年のロードクエストと同じパターンなんですよね。もちろん、それだけではなく、新潟外回りでいい脚を持続できそうなところも◎の理由です。マイル戦になってから、岩田康騎手、松岡騎手、柴田善騎手と、同じ騎手が2勝してたりもしますし、田辺騎手もここで2勝目があっていいと思いますよ」

守屋「前走については、そのデムーロ騎手が“いいハートをしているし将来性も高いネ”と、評価してましたし、放牧を挟んでの臨戦となる点も“半マイルからの最終追いは予定通り。いい動きだったし、初戦よりも締まった体になった”と、奥村武師は仕上りの良さを強調してました。ただ、“欲を言えばもうちょっと体重があってもいいくらい”ともこぼしていて、父のルーラーシップ同様に本格化はもう少し先なのかも、という感も受けますね。昨年、同じようなローテーションで挑んだヒプノティスト(6着)の時は、師も自信満々だったのに、そこまでのトーンではないのも気になります」

イブキ

イブキが父ルーラーシップに初重賞を届けるか(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「守屋が担当厩舎の馬ではなく、関西馬サンライズソアに◎を打ってきたのも、そういうことなのか」

守屋「関西馬とはいえ、今回は新潟のマイル戦を経験しているのはこの馬だけで、キャリアの浅い2歳馬にとって大きなアドバンテージになると思います。内から渋太く差し返したその内容も良かったですし、トビが大きく加速に時間がかかるので、新潟外回りコースもピッタリの馬でしょう」

「古馬を相手に楽に先着した最終追いから、上積みも期待できそうですし、“馬込みでの競馬も試してみたい”と言いながらも“乗りやすい馬だから、どんな競馬にも対応できそう”と、河内師は明るい表情でしたね」

デスク「智美は小さな頃から遊んでやってた木幡巧也のアピールバイオか。心情込みの◎なんだろ?」

小野智「いえいえ、自信ありますよ。というか、歳バレしそうなネタはやめてくださいョ…。この馬が勝った福島1800mと新潟マイルでは別モノと言っていいですけど、新馬戦時のコメントが“まだ凄くいい動きって感じじゃないんですよ。素質はありますが使ってからかも”と半信半疑で、それで8馬身差でしたからね。対して今回は“先週、今週といい反応でした。新馬の時とは別馬みたい”と言ってるんですから、相当な上昇ぶりと見ていいはずです。新潟2歳Sは追い込み馬のレースだということは本人もわかっていますが“ハナにはこだわりませんが、モマれないように前々で”と、レースイメージもできているので、一発に賭けてみたいですね」

デスク「我が子を見守る母親目線だな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル