サトノダイヤモンドに死角は? ルメールは自信「日本で一番強い馬」

優馬TM座談会
阪神大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サトノ以外となら そう差のない伏兵たちも

須藤「僕はトーセンバジルが面白いと思います。さすがに前走のジャパンCは連勝の勢いが通用しませんでしたが、スローペースでは厳しい位置取りでしたし、そう大きく負けたわけでもないですから、糧となったはずです。3000mは初めてとなりますが、これまでのレースぶりからステイヤーとしての資質は十分にあるはずで、サトノ以外の馬とはそう差もないのではないでしょうか」

「陣営は“次へ繋がる競馬ができれば”と、トーンも控えめでしたが、そもそも準オープンを勝ったばかりでジャパンCへ挑戦させたこと自体、素質を高く評価している証拠ですよ。押さえは必要ですね」

デスク「ところで、大相撲初場所が大詰めを迎えていたアメリカJCCの座談会で“ワンアンドオンリーと稀勢の里にはもう騙されんぞ”と口走った後に、稀勢の里が土曜に優勝を決めちゃったもんで、急遽ワンアンドオンリーをちょびっと買ったら、こっちはダメだったんだよな。惜しかったけど」

吉田「そのワンアンドオンリーの前走ですが、キレる脚を使えた3歳時とは違うて、今は“スピードに欠けるぶん追って渋太くバテないタイプ”でっしゃろ。もしも、燃え尽きてしまってたんやったら、前が開かず一旦後方まで下がる形から、あれだけの脚は使えなかったはず。2年以上も勝ってない馬が、ここでサトノを負かす、いうたら鼻で笑われそうですが、掛かる心配もない今ならロングスパートでダービー馬の意地を見せてくれると信じたいですわ」

瀬古「右回りでモタれる面を矯正するべくハミを替えて臨んだ前走ですが、モタれは改善されたものの、副作用として少し頭が高くなり、行きっぷりがマイナスになったようです。今回は2走前のハミに戻すそうですが、そのジャパンCではスッと2番手に付けて、勝負どころで置かれることもなくスムーズに走ってましたからね。当初はドバイを目標に調整を進めたものの、肝心の招待状が届かずここへ切り替えたわけですが、同じタイミングでスプリングSでの騎乗予定馬が回避となった武豊騎手の手が空いたことはラッキーだと思います。長距離戦ではこの上もなく頼もしい鞍上とのコンビで、“今度こそ”があるかもしれませんよ」

ワンアンドオンリー

鞍上武豊で復活なるか注目のワンアンドオンリー(奥)(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「前走ですでに復活を果たしているタマモベストプレイはどうなんだ?」

加茂「前走は相手関係も楽やったし、そこそこ上がりのかかる流れも良かったんやろね。一気に相手が強くなるここで、持ち前の先行力を生かしてどこまで粘れるか。いずれにせよ、展開の助けが欲しいと思いますわ」

デスク「そういう展開面を考えたんだろうけど、本紙田崎の▲と注は目立つところに打ってきたな」

田崎「▲のウインスペクトルは、前走のような大逃げを。離れた2番手に注のマドリードカフェで長距離戦らしい坦々とした流れになるのでは、と読んでいます。それでもサトノダイヤモンドは確実にやって来ると思っていますし、シュヴァルグランも同様ですが、それ以外の馬たちは捕まえ切れずに、というシーンは十分にあるのではないでしょうか」

木谷「実は僕もその考えに大賛成なんです。サトノダイヤモンドを負かすなら、イチかバチかで大逃げするしかなさそうですよね…。そんな訳でウインスペクトルが再び大波乱、っていうのをちょっとだけ期待してみますが」

デスク「俺の結論は……“買わない”だ。どう考えてもサトノでしょうがないし、木谷の願いが叶ったとしても、サトノが来たら大した配当にもならんだろ。敢えて馬券を買うとしたらだな…、稀勢の里じゃなかった、ワンアンドオンリーの単勝だな」

木谷「“もう騙されないぞ”とか言いながら、怪しい通販で思わず買ってしまうタイプなんでしょうね、デスクは」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 日本ダービー戦績
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬@ソーシャル