ミッキークイーンに浜中は「絶対の信頼感」 ヴィクトリアM座談会

優馬TM座談会
ヴィクトリアマイル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歴史を振り返れば… 波乱の主役はコレだ

デスク「ただ、おととしには3連単で2000万円台の大波乱。僅か11回の歴史で二桁人気の馬が5頭も連に絡んでいるように、基本的には荒れるGIなんだよな」

伊利「けっしてこの馬が来て“波乱”とは言えませんが、スマートレイアーに今年こその期待をかけたいですね。昨年の4着は、かなり先行勢には厳しい流れで“負けて強し”と言える内容でしたし、マカヒキを抑えた前走の京都記念の内容からも、7歳にして衰えはないと判断できます」

広田「その前走については“うまく折り合いを付けて末脚を生かせた。精神面での成長も大きく、以前より距離に融通性が利くようになった”と、陣営も衰えどころか成長をアピールしてましたね。一週前にはジョッキーが乗ってコースで好時計、直前は坂路で終い重点と、いつものパターンで態勢は整っています。大久保龍師は“行く馬がいなければハナへ行ってもいいし、この馬のリズムを崩さないように乗ってもらいたい”と。マイル戦にしては先行馬が少ない印象も受けますし、スンナリ先行できれば昨年以上の結果も十分アリでしょうね」

スマートレイアー

衰えが見られない7歳馬のスマートレイアー(撮影:日刊ゲンダイ)

久光「そういう逃げ馬不在の組み合わせで重要なのは、“好位で立ち回れる器用さ”と“高速上がりに対応できるか”の2点だと思いますが、ジュールポレールの2走前の走りはまさに理想的で、今回のレースの“色”に最も適した存在に感じます。“阪神の重馬場”という、底力が問われる条件だった前走でミッキーとコンマ3秒差なら、十分に逆転の可能性を残した3着と見ていいですし、2枠3番も言うまでもなく絶好枠ですよ」

瀬古「今週からの仮柵移動で、これまでも内枠の馬の好走が目立つレースですよね。前走は初の重賞出走で、しかも正攻法のレースですから、勢いのみならず実力も十分に示したと言えます。ペースも落ち着きそうですし、この馬のレースセンスの良さが生きるはずですよ」

持木ジュールポレールの前走は、道中でかなりノメっていましたから、良馬場ならもっと際どい競馬になったはずです。デビューが3歳の4月と遅れた馬ですが、その分だけまだ伸びしろも十分ありますね」

那谷「これも俺の担当だけど、鍵となる輸送は、昨年夏に小倉へ長距離輸送した2戦がともに馬体減なしだったから、問題ないだろう。ミッキーの相手としては、筆頭の評価だよ」

デスク「その2頭に前走で割って入ったアドマイヤリードも、これまた那谷の担当か」

那谷「これがミッキーの相手2番手だな。前走のようなタフさを求められるレースが合う馬だから、今回はジュールポレールの方を上位に取ったけど、今回も雨の影響が残る馬場になれば、こっちが上に来るかも。2週続けて追い切りで跨いだルメール騎手も“馬の後ろに付けて我慢が利いていたし、追ってからの反応が凄く良かった。キレ味には自信があるし、ミッキーをマークして運びたい”と、一発を狙っていたぞ」

坂倉「近走こそ不振のアットザシーサイドですが、現4歳世代のトップレベルと差のない競馬をしてきた馬であり、東京コースでフルに能力を発揮できれば面白い存在だと思います。理想はパンパンの良馬場でのキレ味勝負なので、ちょっと厳しい面もありますが、馬場の回復次第ではチャンスもあるはずです」

小島アットザシーサイドは、馬柱に載っている近5走中、3走までが馬場に泣かされてますからね。桜花賞3着の力は、ここに入っても見劣りしませんし、今回は田辺騎手が新しい面を引き出してくれるのでは、との期待もありますよ」

デスク「そういう“狙ってきた”◎もチラホラ見られる中で、直ちゃんは一段と攻めてきたな」

佐藤直「荒れるレースだからと言ってむやみに穴を狙うモンではないが、実力を不当に評価されて人気のない馬は狙い目だよな。それがアスカビレンに◎を打った理由でもあるんだが、おととしの秋華賞で最後は息切れしてしまったものの、一瞬は突き抜けるかの勢い。勝ったミッキークイーンとは僅かコンマ3秒差だ。3走前の府中牝馬Sでもスマートレイアーとは半馬身の差なんだよ。これまで出世を妨げてきた折り合いの課題も、前走ではかなり我慢ができていたし、より流れも速くなるGIなら、もうワンランク上の走りも期待できるよな」

須藤アスカビレンは、これまで色々な距離を使われてきましたが、秋華賞のレースぶりを考えても、ベストはマイルだと思います。着実に力も付けてますから、人気薄の気楽さから、ハマる可能性も十分ありますね」

小桧山「あとは、ウキヨノカゼもバカにできないぞ。先週、GI勝ちを果たした厩舎の勢いは、この馬の前走で火を付けたと言っていいけど、“中2週でも反動はなく、前走のいい感じを維持できている。高速馬場への対応として、今回は気を入れるためにメンコを外して臨むけど、雨の影響が残る馬場になれば食い込みもある”と、菊沢師も満更でもない様子だったからな」

守屋「その前走の福島牝馬Sでは惜しい2着だったフロンテアクイーンですが、パドックでも道中でも落ち着き、しっかり折り合えて進めたのが終いの伸びに繋がったと思います。3走前の準オープンを勝ったときも落ち着きがあったのが勝因ですから、今回も同じような状態で臨めるかがカギでしょうね。そのあたりを国枝師は“前日輸送してもしなくても、イレ込むことがあってよくわからない。当日次第なんだよね”と苦笑していましたが、“巧く脚がたまれば終いは来るから、ロスなく運んで食い込みたい”と話していました。3歳時のクイーンCではメジャーエンブレムに離された2着とはいえ、1分33秒3と上々の時計で走っていましたし、3走前の走破時計も時季こそ違いますが、昨年の府中牝馬Sのクイーンズリング、毎日王冠のルージュバックとコンマ1秒差ですから、能力さえ発揮できればそこまでの差はないはずです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル