ドバイ帰りカフジテイク陣営は「心臓バクバク」 その理由とは…

優馬TM座談会
プロキオンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここにきて急上昇 アキトクレッセントが極めるか?

デスク「先行馬といえば、アキトクレッセントにも支持が集まっているな」

持木「2度の長期休養もあって出世が遅れましたが、アキトクレッセントは3歳の春に今回と同じ舞台の昇竜Sを勝っていますが、当時3着だったのが人気のカフジテイクで、この実績は見逃せませんね。ここへきての充実ぶりを考えても、通用して不思議はないと思います」

那谷「春にキタサンブラックを取材していた時にアキトクレッセントの名前が挙がって、調教を付けていた黒岩騎手が“この馬は重賞級ですよ”と話していたんだよ。今の馬場状態を味方にできれば、粘り込みは十分あると思うし、鞍上にも、昨年の勝ち星を半年弱であっさりと更新し、減量騎手では目下最も乗れている荻野極騎手。とにかく勉強熱心でストイックな彼の初重賞制覇に期待したいな」

田崎「僕も先週の傾向込みで、アキトクレッセントが怖いと見てますが、好位で控える形よりも、2走前のような思い切ってハナへ行く競馬の方が持ち味が生きると思います。逃げれば一発、ですね」

デスク「ただ、前走で敗れているエイシンバッケンが、直前で回避しなければ、こんなに穴人気にもならなかったろうに」

吉田「確かに前走は完敗でしたけど、短期間に2度の東京遠征で、馬体を減らした影響もあったかと思うてます。中5週の間隔を取って、しかも輸送の負担が軽減される中京での出走なら馬体も回復しているはずですし、あとは田崎さんも言わはるように、荻野極騎手が変に引き付けず、早目に先頭に立ってセーフティリードを作れば、“そのまま”のシーンがありますわ」

アキトクレッセント

前へ行っての一発を狙うアキトクレッセント(撮影:日刊ゲンダイ)

須藤「僕は、メイショウウタゲの一発に期待したいですね。前走は、若干物足りない仕上げに映りましたが、それでも勝ったあたりが地力の高さですよ。初のマイル戦の流れにもうまく対応できてましたし、更に1ハロンの距離短縮も問題ないと思えます。当然、久々を叩いた上積みも十分にありますからね」

瀬古「実は、メイショウウタゲの前走は、使いたかったレースを除外されてやむなく使ったものだったんですよ。安達師によると“以前に芝スタートの切れ目で馬が跳んでバランスを崩したことがあって、意図的に芝スタートは避けていたんだ。前走でもやっぱりそういう面を見せていたけど、鞍上が上手に対処してくれたね”とのこと。そして、今回も使いたかったのは来週の盛岡のマーキュリーカップで、やっぱり賞金除外でやむなく…なんです。ここは距離がどうこうよりも、自身4度目となる芝スタートが鍵でしょう。気性面でアテにしづらいところがあるとはいえ、好メンバーが揃っていた東海Sの3着など、実力は確かですからね」

加茂「あと、芝も含めて重賞2勝の実績を誇るブライトラインにも注意が必要やで。“前走は直線で前が壁になり、全く力を発揮していない消化不良の一戦。8歳を迎えても元気一杯で、馬体も若々しい。折り合いの付けやすいこの距離なら、差のない競馬も可能”と、陣営は改めて期待してましたわ」

木谷「僕は、ちょっと穴人気になり過ぎかな、という気もしますが、アキトクレッセントの極君が今度こそ来そうな気がします。マーメイドSの時に狙った極君の馬は、デスクと被ってなければ…、でしたしね」

デスク「もう1回被せてやろうかとも思ったが、それも大人げないので、ここはキングズガードで勝負するぞ。もし来なかったら、“××××!”って絶叫するからな」

木谷「わわわ、これはダメです。完全に伏せ字ですね。正解は、皆さんもご一緒にお考えください」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル