サマースプリント王者の座は… セントウルSを優馬TM陣が激論!

優馬TM座談会
セントウルS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

狙って損はない 穴馬はコレだ

広田「僕は久々でもダンスディレクターが面倒を見てくれると思います。故障がちで思い通りのローテーションが組めず、今回も昨年同様に7ヶ月半ぶりの実戦となりますが、放牧先から函館に入厩してウッドで入念に乗り込まれていた姿を目にしていましたし、馬体の良さもなかなかのものでした。栗東に戻ってからも坂路で抜群の動きを披露してますから、態勢は整ったと見ていいでしょう」

加茂「実際に前走では、高松宮記念を勝ったセイウンコウセイを捻じ伏せたわけやし、能力全開なら、この馬が一番強いはずやろ」

ダンスディレクター

7ヶ月半ぶりのダンスディレクターは坂路で軽快な動きを披露(撮影:日刊ゲンダイ)

持木「僕は3走前に人気のフィドゥーシアとタイム差なしの接戦を演じているアルティマブラッドを狙ってみたいですね。叩き2走目で状態は戻っていた前走の北九州記念が6着と敗れましたが、フラットなコースよりも直線に坂のあるコースが向くタイプですし、その3走前の内容から、高速決着にも対応できると見ています。しかもこれだけ人気で差が付くのなら、◎はこちらですよ」

デスク「あと、昨年の好走馬やサマー王者の権利持ちの名前も上がらないけど…」

那谷ラヴァーズポイントは、CBC賞→北九州記念と、昨年3着と全く同じローテで臨むわけだけど、ここ2走のタイム差など数字上の比較では年齢的な衰えはないとも言えるんだ。ただ、昨年と大きく違うのは道中の位置取りで、前々で運んでスピードを生かす形の競馬が今年はできていないんだよな。“前進気勢が失われている”という高橋康師の言葉通りで、馬券圏内は厳しそうだよ」

小桧山「前走の大金星でサマー王者も視野に入るラインミーティアだけど“デキとしては申し分ないし、現状の力は出せる。あとは相手関係と、コーナーワークや阪神の急坂という課題をクリアできるかどうかだけだが、挑戦者の気持ちだよ”と、水野師は控えめに話していたんだ。前走は直線1000mでの実績と絶好枠がもたらした勝利だし、師の言う課題もかなり厳しいものだよな。逆転で単独のサマー王者となる3着を目指しているようだけど、余程恵まれないと無理だろう」

デスク「ロートル好きの俺には見逃せない馬も残っているな」

板子スノードラゴンは前走のCBC賞が年齢を感じさせない走りでしたが、直前の降雨で馬場が渋ったことがプラスとなったもので、純粋な決め手勝負だとやはり厳しいでしょうね。調教VTRを見る限り、本来のパワフルな動きには今ひとつ戻っていない印象も受け、陣営も“次のスプリンターズSに向けていいステップとなれば…”と、控えめでしたから…」

デスク「ということなら無茶なジジイ狙いはやめるとして、狙いはメラグラーナだな、微妙な智美の戸崎談話も、むしろこれくらいの方がいいんじゃないかと思えるし」

木谷「それはそうと、先週の馬券対決の最終ステージですが、今年もまた“Journey”が勝負強さを見せ付けましたね。つか、それにしても2年連続で学生に完敗するプロって何なんですかね…。でも、来年こそは勝ちましょう!  とはいえ、僕はその前に北九州記念で◎に推したファインニードルで取り返しますよ。流石に肘打ちは勘弁願いたいですが、今度はこじ開けてくれるはず…」

デスク「まあ、俺は“完敗”とは思っていないぞ。最後に新人を起用した俺の采配ミスは認めるがな」

木谷「あの…、先週は堀じゃなくて、僕やデスクが相手になっても外れていたはずですが…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル