大外から次元の違う脚 アーモンドアイが一気に桜の女王候補へ

佐藤直文 レース回顧
シンザン記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうにも止まらぬ“戸崎&シルク” アーモンドアイ

 土曜の枠順発表直前に有力視されていたエアアルマスが出走を取り消した上に、当日も雨で稍重の発表以上に渋った馬場。波乱の予感も十分に感じさせたが、終わって見れば3日連続で“戸崎&シルク”の独壇場。これには恐れ入った。

 アーモンドアイは、道中はジックリと後方で脚を温存し、直線で大外へ持ち出されると、一頭だけ次元の違う脚で弾けたもの。今日の馬場とスローペースを考えても、相当な能力の違いを見せたと言えるが、この決め手は良馬場ならもっと威力も増すはずであり、間違いなく桜の女王候補がまた一頭出現したと見ていい。

アーモンドアイ

大外からあっという間に他馬を捉えたアーモンドアイ(赤帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ツヅミモンは、中山で新馬を勝った時はかなり幼さを見せていたが、流れも味方したとはいえ、今日は最後まで集中力が途切れなかった。勝ち馬との差は歴然としているが、キャリア1戦でこれだけの走りができれば、先々が楽しみだ。

 3着カシアスは、大外枠から内を見ながら先行し、ペースが遅いと見るや、スッとハナへ。馬場とペースを味方にして自分の競馬ができたが、やはり1600mは少し長いか。

 4着ファストアプローチは、時計のかかる馬場は合うはずだが、脚を溜める形でも最後は前と同じ脚色に。走りに緩急が付かずワンペースの感も受けるだけに、これまた短い距離で先行するパターンの方がいいのかもしれない。

 5着カフジバンガードは、出負けしたこともあって勝ち馬同様に後方から運ぶ形となったが、馬群の捌きも一息でジワジワを差を詰めるのが精一杯だった。ただ、こちらはマイルよりももっと距離が延びていいタイプだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル