2戦2勝グレイルの評価は真っ二つ 久光TMのイチ押し馬は…

優馬TM座談会
共同通信杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2戦2勝のグレイルが 無傷でクラシックに臨めるのか?

デスク「近年の勝ち馬の顔ぶれを見ると、すっかりクラシックへの登竜門となっている感を受けるレースだけど、今年もまたこの中にクラシックで勝ち負けする馬がいるんだろうな」

武井「中でも、グレイルでしょう。前走の京都2歳ステークスは、アタマ差の差し切り勝ちとはいえ、2着タイムフライヤーがGIホープフルステークスを制したことを考えれば、世代トップレベルの能力を示したと言えます。走り自体には若さが残っていただけに、まだ上積みも十分に見込めますし、東京コースも合うと思いますよ。また、近年ではトライアルを使わずに、ここから皐月賞へ直行した馬が、その後のダービーも含めて結果を出してますからね。この馬にもその期待をかけていいのではないでしょうか」

デスク「ただ、前走のみならず、新馬戦も極悪馬場だったとはいえクビ差勝ちで、イマイチ派手さに欠ける感もあるんだが」

加茂「京都2歳Sのグレイルは、内回りのスローペースで、よく届いたと見るべきやろね。しっかり勝ち切るあたりは能力がないとできない芸当で、野中師も“2着だったらローテに頭を悩ますところだったが、勝って十分な賞金を加算できたことは大きい”と言うてましたわ。長距離輸送や左回りの初モノ尽くしも、アッサリとクリアできる器でっせ」

久光「2戦2勝の内容にケチをつけるつもりは毛頭ないんですが、馬場差があったとはいえホープフルSは500万特別の葉牡丹賞と同タイムで、同日の古馬500万をコンマ1秒上回っただけの微妙な時計でもあるんですよね。その勝ち馬を物差しにするのもどうかと…」

グレイル

前売りでは断然の人気を集めているグレイル(撮影:日刊ゲンダイ)

小野智「仮にホープフルSがそれほど時計的には価値がなかったとしても、ステイフーリッシュのキャリア1戦での3着は、大いに評価できると思いますよ。4コーナーでも外を回りながら最後までしっかりと伸びてましたし、あのレースぶりなら東京へのコース替わりもプラスでしょう。そこから1ヶ月半のローテで、体調もキープできているはずです」

坂倉ステイフーリッシュは、前走なども勝負どころでモタつく面を見せたように少し器用さに欠けるので、間違いなく東京は合うでしょうね。エンジンがかかってからの伸び脚も際立っていて、キャリア2戦目のGIであれだけのパフォーマンスを見せたんですから、ここなら中心視できますよ」

守屋「僕は、ステイフーリッシュの前走については、初の右回りで直線もなかなか手前を替えなかった分だけ差し届かなかったと見ています。それでいて、デイリー杯2歳Sの勝ち馬とはタイム差なしですから、たいしたものですよ。ホープフルSのときと同様、中谷騎手はこのメインのみの一鞍入魂。デビュー21年目にしての初重賞制覇に期待したいですね」

細川「その中谷騎手ですが、デビュー当初は調教でも“乗りやすい馬”だったそうですが、だんだん“しんどい”と思うようになったとのことで、それだけパワーアップしているんです。今回も短期放牧を経て、さらに“しんどく”成長しているようですよ」

佐藤直「ただ、さっきの久光の話じゃないが、時計的な価値を考えれば最も評価できるのがゴーフォザサミットだと思うぞ。前走の百日草特別の勝ち時計は前日の古馬準オープンと同タイムだし、休み明けになるが一回り大きくなった馬体で気合乗りも上々だからな。このレースでサンデー系の父と相性のいい母系は、今年は不在のロベルト系やノーザンダンサー系。母父ストームキャットに限れば最近5年で2頭出走して3・1着だから、血統的にも太鼓判が押せるな」

馬場「前走後は放牧へ出されましたが、年末に帰厩してからはここを目標にジックリと乗り込んできましたし、無理をしなかったことで馬体が成長し逞しくなってきましたね。“前走で結果を出しているように東京は問題ないし、極端な道悪にならなければ雨も心配していない。どこまでやれるか楽しみ”と、陣営の感触も上々ですから、重賞のここでも勝負になるはずですよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル