波乱度日本一のGIで「自信あり」の陣営は? ヴィクトリアMの座談会

優馬TM座談会
ヴィクトリアマイル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ控えるGIホース 連勝中のアノ馬も争覇圏

西田「先ほど、直さんからも名前が挙がりましたが、アエロリットは、古馬となって初の牡馬相手だった前走の中山記念で、マイルCS勝ちのペルシアンナイトに先着しての2着を評価したいですね。NHKマイルCを好時計勝ちした東京マイルなら、舞台に不足などあるわけがないですし、スピードとセンスを兼ね備えてレースに注文が付かない点でも信頼できます」

デスク「菊沢厩舎担当のコビちゃんも◎だけど、相当イイ話を聞いてるんだろ?」

小桧山「ここから逆算したローテだった前走後が“体が戻っていたし、上手に走ってくれた。次に向かえるね”と。戸崎圭騎手に跨いでもらった先週の追い切り後には“簡単な馬ではないので、色々と知ってもらいたかった。味見して、わかってもらえたと思う”と。そして師自らが跨いだ最終追いは“凄いよ。まだまだ成長しているし、太いのではなく筋肉が付いて馬体も立派になった。タフな馬場にもかかわらず、しっかり動けていたから申し分ないよ”と。さらに枠順決定後も“真ん中の偶数枠は丁度いい”と、ひとつも悪い話はなかったからな。ずっと乗ってきた横山典騎手からの乗り替わりだけが気懸かりだけど、能力は一番だろうな」

小野智「その戸崎圭騎手ですが“動きは良かったし、舞台も文句はないし、実際に結果も出しているし。初騎乗となりますが楽しみです”と、力強く抱負を語ってましたよ」

アエロリット

アエロリットも東京マイルでの実績は十分(撮影:日刊ゲンダイ)

持木「ただ、横山典騎手がこちらを選んだという点でも、僕はミスパンテールに魅力を感じます。3歳春の時点では気性の幼さも目立っていましたが、秋以降は精神面での成長を示して波に乗ってきましたからね。加えて、良さを引き出した鞍上との相性や、どんな流れにも対応できる強味を考え合わせれば、GIにも手が届くと思います」

デスク「しかし、ミスパンテールの前走には驚かされたよ。誰も逃げると思ってなかった馬が、ハナを切ってスイスイだったからな。まさか巧妙な作戦だったわけでもないだろ?」

福田「今回もそうやけど、陣営は鞍上にお任せのスタンスで、前走もスタート次第ではハナを切るチョイスが鞍上にあったそうなんや。重賞3連勝の離れ業はなかなかできることではあらへんし、鞍上の意のままに立ち回れる自在性はここでも強味となるやろな。オークス以来の左回りになる点も、昆師は“調教では左回りの方が行きっぷりが良く、上手に走る”と。さらに“パドックではテンションが高い馬だが、普段は落ち着いているので問題はない。とにかく、これと言った不安材料がない”と、強気なコメントのオンパレードやったで」

小島「10着に敗れたミスパンテールのオークスは、距離もあったと見ていいんですが、僕は慣れない左回りで、これまで通りの自在な走りを見せられるかどうかに不安を覚えますけどね」

大江原「俺はソウルスターリングの復活に期待しているぞ。阪神JFとオークスを制して、強いと言われた世代牝馬の頂点に2度も立った馬だからな。以降は牡馬一線級との戦いが続いたわけだから、結果を出せなかったのも大目に見れるし、久々で力んでしまった前走も度外視できるだろう。好位で折り合う本来の競馬ができさえすれば、アッサリまであるはずだよ」

デスク「確かにGIを2勝しているのはこの馬だけだし、見限ることはできないよな。陣営だって諦めてるわけでもないんだろ?」

馬場「案外の結果に終わった前走については“道中で動くなど小さなことが重なったし、スローの上がり勝負という展開も向かなかった”と、敗因もハッキリしているだけに、それほど悲観的ではなかったですね。その前走の結果をふまえて、調教でも色々と工夫しているようですし、巻き返しへの意気込みは十分に感じられましたよ。個人的には、完全復活はまだかな、という印象も受けるので印は△にとどめましたが」

小島「サンプルが少ないので何とも言えませんが、フランケル産駒はやや早熟の傾向があるのかもしれませんね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2018年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル