来春のヒロイン候補はいまだ現れず? 夏の2歳戦を徹底回顧(牝馬編)

馬声人語優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダービー候補を差し切り アドマイヤリード

 中京デビュー組ではダービー候補の声もあったシルバーステートを負かしたアドマイヤリード。先に抜け出した2着馬の隙を突いたのは確かだが、それを可能にした瞬発力は非凡。小柄なステイゴールド牝馬で、レッドリヴェールと重なるところもある。レース間隔等のローテーション、特に馬体維持が今後の鍵ともなりそうだが、輸送の負担の少ない関西圏なら、問題にするほどではないか。ステイゴールド牝馬といえば、ダリア賞を勝ったペルソナリテウインミレーユなども中々の素材で、その勝負強さは牝馬同士なら侮れない。

 同じ中京組で高評価だったエスティタートワントゥワンはどちらも小柄で、GIでも通用、とまでは微妙かもしれないが、1400~1600m位のOP・GIIIレベルなら十分に上位争いが可能なはず。

エスティタート

エスティタートは新種牡馬ドリームジャーニーの産駒(撮影:日刊ゲンダイ)

総評

 一昨年はハープスター・レッドリヴェールを筆頭に、夏の2歳重賞を牝馬が総ナメにしたが、今年の状況的には昨年並みといったところ。ブランボヌールが函館2歳Sを勝ったものの、現状の牝馬路線は混沌としている。ランキング上位馬の次走や、阪神デビューの馬達の動向を見逃さないようにしていきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2018年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル