日曜はステイゴールド祭り まだまだ強くなるクレッシェンドラヴ

佐藤直文 レース回顧
福島記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

馬名通りにどんどん強く クレッシェンドラヴ

 メンバー的には落ち着いた流れも予想された一戦だが、前半1000mは59秒2という淀みのないラップ。各馬が現状での能力をしっかりと発揮できる流れだった。

 クレッシェンドラヴは、中団で流れに乗り、勝負どころからは前にいた2着馬に引っ張られる形で進出したもの。直線を向いても力強い伸び脚で抜け出すと、危なげのない横綱相撲で重賞初制覇を飾った。これで4戦4連対となった福島コースも合う馬だが、ステイゴールド産駒らしく、まだまだ力を付けて行きそうだ。

クレッシェンドラヴ

1番人気に応えて初重賞タイトルを手にしたクレッシェンドラヴ(撮影:日刊ゲンダイ)

 そして2着もステイゴールド産駒のステイフーリッシュ。今回は自ら勝ちに行って、目標とされてしまったものであり、力は出し切れたように思う。勝ち馬とは2.5キロのハンデがあったことを考えても、地力は示せたはずだ。

 3着ミッキースワローは、上位2頭よりも後方のポジションから、これまた長くいい脚を使っていたが、こちらは2着馬よりもさらに1キロ重いトップハンデ。上位3頭は斤量の差と見ることもできる。

 4着ウインイクシードは、好位から直線では一旦抜け出すなど見せ場十分の内容だったが、実績があるとはいえ2000mはやや長い印象。1800mなら相手次第で重賞でも勝ち負けになるだけの力は付けている。

 5着レッドローゼズは、道中で無駄に動かずに直線勝負。その分だけ伸び脚は目立っていたが、この競馬では展開のアシストがないと厳しいか。

優馬プレミアム 事前登録受付中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

日本ダービー特集

2020年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル