デンコウアンジュ の記事一覧

12

全30件中 1~20件目を表示

リスグラシュー

波乱度日本一のGIで「自信あり」の陣営は? ヴィクトリアMの座談会

今週は、マイルの女王決定戦、ヴィクトリアマイルが行われる。最近6年の馬単最低配当が9千円台、3年前には3連単で2000万超えの配当となった日本一波乱度の高いGIレースだ。今年はいったいどうなるのか、優馬TM陣が徹底討論。

競馬イメージ

溜めに溜めてキンショーユキヒメ 鞍上の大記録達成にも拍手を

流れがハマって初重賞キンショーユキヒメ前走の中山牝馬Sと同じく、カワキタエンカが注文通りにハナを切ったが、けっしてマイペースではなく、後続に...

リスグラシュー

マイルに戻って牡馬を完封 前途洋々リスグラシュー

改めて示した距離適性リスグラシューGI馬が3頭ラインナップする豪華メンバーとなったが、その3頭が上位4番人気以内に入らないほど、近年稀に見る...

ダイワキャグニー

GI馬3頭は影薄く 東京新聞杯のTM人気は重賞未勝利馬!

ここで悲願の重賞タイトルをグレーターロンドンvs.ダイワキャグニーデスク「GIIIとはいうものの、この先の安田記念を睨んで、GI馬3頭を筆頭...

ダノンプラチナ

馬連平均配当11,491円の東京新聞杯 データ班の◎は人気馬? 穴馬?

安田記念やヴィクトリアマイルを見据えた強豪馬達が一堂に会し、好レース必至の様相を呈している東京新聞杯。上半期のマイル路線を占う重要な一戦にな...

ミスパンテール

混戦を断ったベテランの腕 3歳ミスパンテールが重賞初V

一級品のキレ味でミスパンテールテンの3ハロンが35秒9と遅めの入りだったが、以降は淀みなく流れ、けっして速くはないが極端なスローでもなかった...

競馬イメージ・パドック

府中牝馬Sで人気馬の過信は禁物 データ班は超穴馬に◎

ドバイの地でもGI制覇を成し遂げたヴィブロスが登場。出走馬が4歳馬と5歳馬の2世代だけとなり、世代間の争いにも注目が集まるが、エリザベス女王...

ダッシングブレイズ

因縁の舞台で 距離も克服したダッシングブレイズが見事に復活

Vロードギリギリのラインを選択ダッシングブレイズ梅雨入りしたとはいえ、東京の週末は降雨もなく、馬場管理の進歩もあって良好な状態をキープしてい...

アストラエンブレム

「秋にはGIへ」 デキ文句なしのアストラエンブレムに本紙も◎

ここで待望の初重賞を本紙武井はアストラエンブレムを◎に指名デスク「梅雨に入ると天気や馬場の心配もしなくちゃいけないんだけど、この週末に限って...

アドマイヤリード

あっと驚く4歳勢の上位独占 鮮やかルメール&アドマイヤリード

冴えていた鞍上に導かれアドマイヤリード土曜の雨で水分をたっぷりと含んでいた芝だが、日曜は曇りでさほど気温も上がらず、稍重止まりの馬場に。加え...

競馬イメージ

小回り千八がピッタリ 7歳牝馬ウキヨノカゼが久々の重賞制覇

終わっちゃいない7歳牝馬ウキヨノカゼが蘇る前半1000mが59秒9というのは、開催最終日の馬場を考えれば平均ペースだったと言えるが、3角手前...

マリアライト

マリア・ミッキーに不安材料あり? 優馬TMの一番人気はコノ馬

今週から暮れの有馬記念まではGIレースが7連戦となるが、その先陣を切るのは、牝馬の頂上決戦、エリザベス女王杯だ。連覇を狙うマリアライトに、昨年は涙を呑んだ4歳勢が再チャレンジとなるばかりか、二冠牝馬ミッキークイーンも間に合った。そして少数精鋭の3歳勢も。優馬TM陣は、いったいどの馬に狙いを定めるのか。

ジュエラー

主役候補ビッシュ&ジュエラーの信頼度は? 穴馬もザクザクの座談会

今週から3週連続のGI、そのトップバッターを務めるのは牝馬三冠の最終戦となる秋華賞。前哨戦のローズSも制したオークス馬シンハライトの直前回避により、一気に混沌ムードとなった感を受けるが、春の二冠には出走できなかった上り馬にもチャンスが出てきた今回、優馬TM陣はどんなジャッジを下すのか。

シンハライト

最高の前哨戦シンハライト 11着ジュエラーは距離不安?

相手こそ違ったがまたもハナ差でシンハライトが本番へ本番の秋華賞を待たずして実現した、桜花賞馬とオークス馬の激突。残念ながら、舞台は折からの雨...

シンハライト

「誤算なく順調」シンハライト 「休養前と遜色なし」ジュエラー

桜花賞馬かオークス馬か3度目のライバル対決を制するのはどっち?デスク「本番前のトライアルとはいえ、ここは桜花賞馬とオークス馬が揃い踏んで、し...

シンハライト

シンハライトとチェッキーノ 2強の明暗を分けたのは“コース取り”

馬群をこじ開けて一気の伸びシンハライトが桜の鬱憤を晴らす前半1000m59秒8のラップは、遅くはないもののけっして速くもない平均ペースの流れ...

シンハライト

「距離と輸送は大丈夫?」 桜準Vシンハライトの不安材料を激論

今週は、3歳牝馬の頂上決戦、オークスが行われる。桜花賞でハナ差の激闘を制したジュエラーが骨折により戦線を離脱、その桜花賞では1番人気の支持を受けたメジャーエンブレムがNHKマイルカップへと路線を変更。一気に混沌としてきた牝馬戦線に、優馬TM陣はどういうジャッジを下すのか。

ジュエラー

ミルコの信念でジュエラーが戴冠 メジャーエンブレムの敗因は“枠”

僅か2cm差勝利の女神はジュエラーに微笑む“3強”と言うより、人気的にも“1強プラス2頭”という様相だった桜花賞。単勝1.5倍という断然の支...

メジャーエンブレム

必勝パターンのメジャーエンブレムに穴党も◎ その買い目は…

クラシック開幕戦の桜花賞は、2歳女王メジャーエンブレムに、チューリップ賞でハナ差の接戦を演じたシンハライトとジュエラーが迫る様相に。次週の皐月賞と同じ“3強”ムードの一戦を、優馬TM陣が徹底討論。

メジャーエンブレム

優馬編集長日誌 4月7日号「0.5秒」

0.5秒を考える4月10日に阪神で行われる桜花賞の登録馬は23頭。これらの対戦成績を振り返っていたら、多くの馬が勝負付けが済んでいるように思...

全30件中 1~20件目を表示

12

スペシャルコンテンツ

2018年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル