2018年有馬記念特集

2018年 有馬記念 レース結果・動画・払戻金

12月23日(日)に行われた有馬記念のレース結果、動画、払戻金をご紹介します。
第63回 有馬記念 - GI
2018年12月23日(日)15時25分発走
中山競馬場 第11レース 芝2500m 16頭立て
1着賞金:3億円 2着:1億2000万円 3着:7500万円 4着:4500万円 5着:3000万円
天候:曇り 馬場状態:やや重
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。




馬名

騎手

タイム・着差

単勝
オッズ

(人気)

1

池添

2.32.2

8.9

(3)

牡3

通過順:6-6-7-4

上3F:35.7

中団外目を追走し残り600mから進出。逃げ馬を残り50mで捉え最後はレイデオロの追撃を凌いだ。

2

12

ルメール

クビ

2.2

(1)

牡4

通過順:9-9-9-8

上3F:35.4

道中は勝ち馬の真後ろ。3-4角で手が動くも坂上から鋭伸。クビ差まで追い詰めた所がゴール。

3

15

ボウマン

1 1/4

22.7

(9)

牡6

通過順:13-11-11-10

上3F:35.5

後方待機策から、3-4角で徐々に進出。直線も馬群の間をよく伸び、3着まで浮上してきた。

4

11

マーフィー

1 1/2

22.5

(8)

牡5

通過順:2-2-2-2

上3F:36.6

逃げ馬から少し離れた2番手での競馬。直線を向いても渋太い伸びを見せ4着に入った。

5

14

川田

3/4

5.9

(2)

牡4

通過順:1-1-1-1

上3F:37.5

発馬ひと息、1周目3-4角で先頭へ。そこからはいつもの逃げを見せたが、直線残り50mで力尽きた。

6

アヴドゥラ

クビ

18.1

(6)

牡5

通過順:8-8-7-8

上3F:36.2

中団内目からの競馬。直線も内を突いたが外から来た馬たちの伸び脚には見劣り。有終の美は飾れず。

7

16

田辺

クビ

147.0

(15)

牡7

通過順:13-14-14-12

上3F:35.6

後方からの競馬。4角大外進出から直線もよく伸びて、7着まで浮上した。

8

M.デムーロ

3/4

9.1

(4)

牝4

通過順:6-6-4-4

上3F:36.7

好位のラチ沿いを道中はキープ。直線少し外に持ち出し伸びるかに思われたが、最後は脚があがった。

9

武豊

9.2

(5)

牡7

通過順:3-3-2-2

上3F:36.9

ハナをうかがうも、そこから下げて3番手から。4角から直線入り口でも見せ場を作った。

10

岩田康

42.5

(12)

牡5

通過順:9-9-9-10

上3F:36.3

中団のラチ沿いから。3-4角で若干進出に手間取り、直線の伸びもひと息。10着に敗れた。

11

10

横山典

1/2

28.8

(10)

牡4

通過順:16-16-16-16

上3F:35.4

出遅れ。腹を括って最後方からの競馬。上がり最速タイの脚を見せたが、この着順まで。

12

蛯名

117.2

(13)

牡5

通過順:13-14-14-14

上3F:36.1

後方待機も3-4角で手応えがイマイチ。見せ場作れず12着に敗れた。

13

13

戸崎圭

クビ

196.6

(16)

牝8

通過順:11-13-12-14

上3F:36.4

後方ラチ沿いから競馬をしたが、直線での伸びは見られなかった。

14

C.デムーロ

1 1/4

20.6

(7)

牡6

通過順:11-11-12-12

上3F:36.7

中団後ろ目から競馬を進めたが、3-4角で手応えが悪くなり、そのまま後方でのゴールとなった。

15

福永

1/2

32.2

(11)

牡4

通過順:3-5-4-4

上3F:37.5

好位馬群の中で競馬を進めたが4角で一杯に。そのまま見せ場なく敗れた。

16

藤岡佑

144.2

(14)

牡7

通過順:3-3-4-7

上3F:38.2

積極的な競馬を見せたが、4角で手応えがなくなり最下位での入線となった。

レース動画

合わせて読みたい!

佐藤直文 レース回顧

グランプリ男に導かれたブラストワンピース 最大の勝因は序盤の「運び」

優馬TM座談会

レイデオロに次ぐ◎を集めた意外な馬とは… 馬券1万円勝負も今年最終決戦

調教BEST5

気配S級レイデオロの順位は… 穴馬もランクインの有馬調教BEST5

重賞データ攻略

有馬記念渾身の◎はこの馬! 実績データ度外視で狙うべき穴馬も

有馬記念データ

有馬記念 データルーム・枠順

TMアンケート

TMアンケート『思い出の有馬記念を教えてください』

有馬記念 過去のレース結果(歴代優勝馬)

1956年(昭和31年)に創設された有馬記念の過去のレース結果(歴代優勝馬)をご紹介します。優勝騎手名も合わせて掲載。1984年以降はJRAの公式レース動画付きで、年末の風物詩・有馬記念を振り返ります。

2017年 有馬記念第62回 中山芝2500m内

1 キタサンブラック 武豊 1人気 2.33.6
2 クイーンズリング ルメール 8人気 1 1/2
3 シュヴァルグラン ボウマン 3人気 ハナ

マイペースの逃げを打った1番人気のキタサンブラックが、4角を抜群の手応えで回ると直線でも他馬を寄せ付けず。完勝で有終の美を飾った。2着には好枠を生かした牝馬のクイーンズリング。ジャパンカップの勝ち馬シュヴァルグランは3着、2番人気の3歳馬スワーヴリチャードは4着に敗れた。

優勝馬名 優勝騎手 レース動画
2016
第61回
サトノダイヤモンド ルメール
2015
第60回
ゴールドアクター 吉田隼人
2014
第59回
ジェンティルドンナ 戸崎圭太
2013
第58回
オルフェーヴル 池添謙一
2012
第57回
ゴールドシップ 内田博幸
2011
第56回
オルフェーヴル 池添謙一
2010
第55回
ヴィクトワールピサ M.デムーロ
2009
第54回
ドリームジャーニー 池添謙一
2008
第53回
ダイワスカーレット 安藤勝己

有馬記念 データルーム

有馬記念をデータの観点から紐解くコンテンツ。「一番勝っている騎手」「相性のいい枠順」などなど、有馬記念に纏わる数字を徹底的にご紹介します。

  • 優勝回数上位騎手
  • 現役騎手の騎乗成績
  • 優勝回数上位調教師
  • 現役調教師の成績
  • 優勝回数上位種牡馬
  • 種牡馬別成績
  • 枠番別成績
  • 馬番別成績
  • 人気別成績
  • 前走レース別成績
  • 前走着順別成績

有馬記念の概要

第60回有馬記念撮影:日刊ゲンダイ

 有馬記念とは、毎年12月下旬に中山競馬場で開催される競馬の大レースである。

 第1回は1956年(昭和31年)に当時の日本中央競馬会理事長だった有馬頼寧の提案で「中山グランプリ」という名称で行われたが、翌年1月に有馬理事長が急逝したため、第2回から「有馬記念」と改称された。

 レースは、創設以来すべて中山競馬場の芝コースで施行され、距離は第1回から第4回 までが内回りの2600m、第5回から第10回が外回りの2600m、そして第11回からは現行と同じ内回りの2500mとなった。また、八大競走のひとつとして数えられ、1984年のグレード制導入と同時にGIに格付けされた。

 2016年現在の賞金額は、1着が2億5000万円、2着1億円、3着6300万円、4着3800万円、5着2500万円。国内のレースの中では、ジャパンカップに次いで高額な1着賞金が設定されている。

 年末の風物詩として社会的にも認知度が高く、馬券の売り上げは日本一を誇るレース。1996年には、世界の競馬史上最高額となる875億円を売り上げ、ギネス世界記録に認定された。

 同レースは創設当時から、野球のオールスターゲームに倣いファン投票で出走馬の多くが選出されており、現在も特別登録を行った馬のうちファン投票上位10頭に優先出走権が与えられている。

 オグリキャップのラストランやトウカイテイオーの奇跡の復活など、数々のドラマを生んだレースとしても有名で、勝ち馬にはシンザン、ナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴルといった三冠馬たちの名前も刻まれている。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル