世界を股にかけてきた男の見事なムチ捌き 大波乱を生む

佐藤直文 レース回顧
フラワーカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

フロック視できない走り アブレイズ

 前半1000m通過は59秒2というマズマズの流れだったが、掛かり気味の追走だった馬も多かったことを考えれば、数字ほど速い流れではなかったように思う。ただ、今年は大波乱の決着となったが、過去のこのレースでの大波乱は道悪や乱ペースが誘発したケースも多く、良馬場での適度なペースで波乱を演出した勝ち馬をフロック視はできないだろう。

 そのアブレイズ。2番手での追走となったが、ハミが抜けて実にリラックスした走りだった。適度に上がりもかかって外を回っては届かない馬場も味方したとはいえ、直線を向いて逃げ馬を交わしてからも最後まで渋太く脚を伸ばす正攻法の競馬で押し切ったのは、力の成せる業だろう。藤井勘騎手のムチ捌きもまた、この馬の持ち味を最大限に引き出したと言える。

アブレイズ

アブレイズの藤井勘一郎JはJRAの重賞初制覇(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着レッドルレーヴは、中団から運んで4コーナー手前では外から被される厳しい形だったが、よく脚を伸ばしてきたもの。気性面の強さにまだ体が追い付いていない段階でこれだけ走れば、前途は洋々だろう。

 3着シーズンズギフトは、序盤に掛かり気味で宥めながらの好位追走だったが、最後に伸びを欠いたのもその分か。今後に向けては、そういった気性面での成長が欲しいところだ。

 4着チェスナットドレスは、道中は後方のインで自分のペースを守り、直線でジワジワと差を詰めた形。こういう競馬ができるのなら、もっと距離が延びていいかもしれない。

 5着クリスティは、勝ち馬の直後でスムーズに運びながらこの結果は、力不足と言うしかない。

 ミアマンテは、4コーナーで大外を回り、内の馬と接触する不利もあったが、そういった点も含めてキャリア不足が露呈した形。ただ、コーナー4回のコース自体も合わない感を受けた。

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

日本ダービー特集

2020年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル