ゴメンナサイ、ユタカサン ミルコ&リオンディーズが偉業を阻止

【佐藤直文 先週のレース回顧】
昨年から阪神へと舞台を移した朝日杯フューチュリティS。重賞ウィナーが3頭だけと、少し寂しい顔ぶれだったが、武豊騎手がGI完全制覇の偉業を賭けた1番人気エアスピネルに襲いかかったのは、キャリア僅か1戦、ミルコ・デムーロ騎乗のリオンディーズ。2戦目でのGI勝ちは史上2頭目、デビューから29日目でのGI勝ちは最速タイのこれまた偉業であった。

佐藤直文 レース回顧
朝日杯フューチュリティSターコイズS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桁違いの能力で リオンディーズ 【朝日杯フューチュリティS】

 昨年から舞台を中山から阪神へ。代わりに中山では2000mのホープフルSが有馬記念当日に施行されるが、前身のラジオNIKKEI杯から格もGIIに上がり、朝日杯との1着賞金の差も僅か500万しかない。これまで以上に、距離適性による棲み分けが進んでいると言え、実際に今回は9年ぶりにフルゲート割れした形だ。当然、“2歳最強馬決定戦”という意味合いも薄れそうだが、今年の1・2着馬に関して言えば、世代最強レベルの走りを見せたように思える。

 キャリア1戦、しかも2000m戦だったリオンディーズにとって、マイルの流れで最後方からの競馬となったのは仕方ないだろう。ただ、自分のリズムで運べていたことと、1000m通過が60秒0のスローペースだったことで、大きく離されずに追走できたことが良かった。兄エピファネイアとは違って全く力みのない走りで、直線では見ての通りの凄い脚。マイルの適性以前に、能力が桁違いだったと言える。当然、無事なら皐月賞もダービーも期待できる馬だ。

リオンディーズ

エアスピネルを桁違いの能力で差し切ったリオンディーズ(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着エアスピネルは、どこからでもスパートできる位置取りで、直線を向いても“敵は前ではなく後ろ”という意識で、待って待って追い出されたもの。これで負けたのなら仕方ないと思えるほど、完璧なレースぶりだった。勝ち馬の豪脚に霞んだとはいえ、自身もかなりのレベルの脚を使っており、3着には4馬身もの差を付けている。センスの高さは疑いようがないだけに、もうワンランクのパワーアップがあれば、クラシックで逆転の目もあるだろう。

 3着以下は固まっての入線で、この中からクラシックで勝ち負けになる馬はいないだろうし、そもそもマイルは少し長いと思える馬が多かった。5着シュウジは、好発を切りながら控える形となったが、今日の流れでは積極的に行った方が良かったのではないか。3着以下の馬群からも離れた入線となったボールライトニングは、マイルの経験がなかったとはいえここまで負ける馬ではない。過去2戦のように前で運ばないと持ち味が生きないのだろうか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル