快勝したレーヴミストラルが、ポスト・ゴールドシップの座へ

佐藤直文 レース回顧
日経新春杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の競馬に徹して レーヴミストラル

 前半1000mが62秒0のスローな流れだったが、同じスローな流れとなっても中山と決定的に違うのは、瞬発力の生きる馬場であることだ。開幕当初は内のグリーンベルトを通る馬の好走が目立ったものの、開催が進むにつれて外からの差しも決まるようになってきており、実力通りの結果となったように思える。

 レーヴミストラルは、道中最後方からいたずらに動かず、自分の競馬に徹して一気のキレ味を見せたもの。前走の金鯱賞でも最速の上がりをマークしており、要は距離やコースの条件が合えばこれだけ走って当然と言うわけだ。今後も活躍の場はおそらく2400m以上の長距離戦となるだろうが、ポスト・ゴールドシップの座を引き寄せる可能性も十分にある。

レーヴミストラル

最後方から持ち前のキレ味を発揮したレーヴミストラル(撮影:日刊ゲンダイ)

 断然人気のシュヴァルグランは、ゴール寸前で何とか2着を確保した形だが、勝負どころからモマれたとはいえ、勝ち馬との瞬発力の差は歴然。今回は斤量面での優位さがあったことを考えれば、案外の内容であった。一線級と互角の勝負を演じるには、もうワンランクの成長が必要だろう。

 3着サトノノブレスは、陣営のトーンが上がっていなかったように、けっして完調といえる状態ではなかったが、さすがは一昨年の勝ち馬。58キロを背負ってこれだけ走れば、上等だろう。

 4着ダコールもまた、8歳で58キロを課せられたことを考えれば、立派な内容。ハナへ行ってのマイペースだったが、3角手前で動いたメイショウウズシオをやり過ごして自分のペースを守ったことで、最後まで2着争いを演じることができた。こういう立ち回りができるなら、まだまだやれる。

 5着ベルーフは、ジリジリとしか伸びなかったあたり、これまた本来のデキにはなかったように思えるが、ちょうど一年前に、中山の京成杯を勝ったハービンジャー産駒であり、今の京都の馬場の適性も一息に思えた。

 プロモントーリオは、前走後に一息入れ、立て直されて上々の仕上りに見えたが、追われての反応が本来のものではなかった。最後も2着馬と併せて伸びそうな構えで止まったあたり、まだ長期休養明けからの完全復活には至らないのだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル