父ディープを超える末脚 マカヒキがダービー想定5番人気に

新馬戦を快勝して注目を集めた良血馬マカヒキ。久々の登場となった若駒Sも極上の末脚で難なく突破。一気にダービー上位候補へステップアップ!

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

圧巻の上がり「32秒6」 末脚一閃 マカヒキ

1/23(土) 京都10R 若駒S(OP) 芝2000m
マカヒキ 牡 馬体重:496kg
騎手:C.ルメール 厩舎:(栗) 友道
生産: ノーザンファーム
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ(フレンチデピュティ)
初勝利時の評価:★★★★★★★ 7点〔GIIIクラス〕

10月の新馬勝ちから3ヵ月ぶりとなる登場。馬体重はマイナス10キロと、冬場にしては絞ってきた。体付きとしては、まだまだ成長の余地も残している点が好印象。肝心のレースは1000m通過が63秒4、1200m通過にしても1分16秒6という超スロー。中団からレースを進め、上がり3Fを32秒6という末脚で、しかもノーステッキでアッサリと差し切る圧巻の競馬。外回りならともかく、内回りでこの上がりは評価に値する。

日本ダービー 想定単勝オッズ

1番人気 リオンディーズ 4.0倍
2番人気 ハートレー 5.5倍
3番人気 サトノダイヤモンド 6.0倍
4番人気 スマートオーディン 7.0倍
(↑)5番人気 マカヒキ 9.0倍

(※シルバーステートは故障離脱のためオッズから削除)

マカヒキ

ルメール騎手を背に若駒Sを優勝したマカヒキ(撮影:日刊ゲンダイ)

長所

休養を経たことで中距離寄りに馬が変わってきた。水準以上の瞬発力に加え、トップスピードのレベルの高さ、その持続力を今回のレースで十二分に示してくれた。少頭数のレースとはいえ、内回りの2000mにも対応できた点は、皐月賞を見据える上でも大きい。

短所

初戦の方がペースは流れたが、今回のレースは極端なスローペース。スタミナや底力が問われるレースになった際の裏付けはまだ済んでいない。ただ、乗り難しさがなく、競馬センスも良いタイプ。あからさまな欠点は見当たらない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 想定単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬@ソーシャル