データ班もお手上げ? 荒れる要素ゼロのきさらぎ賞

重賞データ攻略
きさらぎ賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オルフェーヴル、トーセンラー、ルージュバック。春のクラシックを見据えた中では谷間の時期とも言えるスケジュールだが、これまでに大物を多数輩出してきたレースでもある。

サトノダイヤモンドに黄信号?

 少頭数ながら今年も中々の好メンバーが揃ったが、やはり注目はサトノダイヤモンドだろう。まずはここから考えていこう。

 過去5年間の連対馬10頭のうち、7頭が「京都・阪神の外回り1800mで1着」があった馬。サトノダイヤモンドは2戦ともに内回りの芝2000m戦で、不安要素は外回りコースへの対応か。ただし、昨年の勝ち馬ルージュバックも同様だったのに加え、ディープインパクト産駒がこのレースで過去5年〔3.2.1.6〕だから、消すほどのデータではないだろう。

 今回のメンバーで「京都・阪神の外回り1800mで1着」があるのは以下の3頭。

  • レプランシュ→シクラメン賞(阪神外回り1800m)1着
  • ロイカバード→2歳未勝利(京都外回り1800m)1着
  • ロワアブソリュー→2歳新馬(阪神外回り1800m)1着

 次にこの3頭について考えてみたい。

サトノダイヤモンドを負かすとすれば…

 まずはレプランシュ。過去5年の勝ち馬は、キャリアの中で敗戦があったとしても、全レースで3着以内に収めていた。レプランシュは2走前のアイビーSで7着と崩れている点がマイナス。

 ロワアブソリューは1戦1勝馬。過去10年間、1~3月の3歳限定重賞で1戦1勝馬は〔5.7.4.101〕。そのうち、牝馬限定戦を除くと、〔2.3.3.45〕となる。勝ったのは芝1200m戦のファルコンSのヘニーハウンド、昨年の共同通信杯のリアルスティールだけ。1着候補となると、過信しづらいか。

 一方、ロイカバードはその点でのマイナス要素はない。サトノダイヤモンドもそうだが、過去5年の勝ち馬5頭のうち4頭が前走・芝2000m。距離短縮組の好走が目立つことに加えて、この舞台を経験しているというアドバンテージは大きいはず。

 穴馬の要素としては、シンザン記念で好走(6番人気1着タマモベストプレイ)、京都・阪神の外回りで1着(8番人気2着リキサンマックス、5番人気2着マズルファイヤー)、3戦以上して全て掲示板確保(6番人気3着エイシンエルヴィン)といったところか。

 となると、3戦以上して掲示板を外していないノガロが挙がるが、何せ少頭数のレース。高配当狙いで3着候補に入れるなら、だろう。

ノガロ

ノガロが3着に入って配当を釣り上げてくれると嬉しいのだが…(撮影:日刊ゲンダイ)

結論


ロイカバード
サトノダイヤモンド

連下
レプランシュ
ロワアブソリュー

3着の穴候補
ノガロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル