迷いのない逃げで快勝ミッキーアイル 高松宮記念でも好勝負必至

佐藤直文 レース回顧
阪急杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高松宮記念でのリベンジへ ミッキーアイル

 1番人気ミッキーアイル、2番人気レッツゴードンキが、同じ先行脚質ということで、ポジション取りも注目される一戦だったが、特に競り合うこともなく、道中は1、2番手でスムーズに運べていた。勝負を分けたのは、1400mの経験値の差と見ることもできたが、それ以上に、人気以上の能力差があったのではないか。

 ミッキーアイルは、落馬負傷の浜中騎手に替わって松山騎手が騎乗したが、掛かる不安もあったと思えるし、スタートを決めて迷いのない逃げの手は正解だったろう。マイルGI馬であっても、おそらくこの1400mがベストと思える馬。次は目標の高松宮記念となるが、昨年は持ち前のスピードを削がれる渋った馬場での3着であり、良馬場ならもっとやれていい馬だ。今回の一戦も、いいステップとなったはずで、好勝負になると見る。

ミッキーアイル

スタートしてすぐに先頭、そのまま鮮やかに逃げ切ったミッキーアイル(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着オメガヴェンデッタは、追い込みの利きずらい開幕週の馬場を考慮してか、いつになく前目で運んだが、全く無理なく追走できていた。過去には先行したこともあるように前でも立ち回れる馬であり、今回にしても、もう1列前で運んでいれば、もっと際どい勝負になった可能性もある。これまた1400mがドンピシャの距離でコースも問わない馬。この距離ならいつでも重賞を勝つだけの力はある。

 3着ブラヴィッシモも、好枠を利して前で運んだのが大正解。最後は2着馬に競り負けたが、前へ行ってもしっかりとした脚を使えたことは大きな収穫だ。伸びしろも含めて、今後に注目したい。

 4着同着のミッキーラブソングサドンストームは、前が止まらない流れでよく差を詰めていた。特にサドンストームは、近走でやや衰えを見せたかに思えたが、健在ぶりをアピールする伸びだった。状態さえ伴えば、まだまだサマーシリーズあたりで大暴れできそうだ。

 レッツゴードンキは、冒頭でも触れたように、1400m戦は初体験の馬。血統背景やレースぶりからは、さほど不安視する向きはなかったが、折り合いは付いていても、今までに経験したことのない速い流れが応えたか。4馬身差圧勝の桜花賞は、超スローペースの成せる業であり、案外、これくらいの馬である可能性も捨て切れない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出馬表(枠順)、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出馬表には、単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 全着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル