トップハンデのルージュバックは押さえまで データ班の◎は…

重賞データ攻略
中山牝馬S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 古馬の牝馬路線は改めて整備されつつある状況で、ターコイズSの新設や愛知杯&京都牝馬Sの日程変更・距離変更によって中山牝馬Sの傾向も変わってきそうだが…。

第一関門は距離実績&重賞実績

 牝馬限定のハンデ重賞ともなれば、毎度のことだが難易度は高い。それでも、前提となる取捨のポイントは以下の2点(2012年以降の4年間の結果より)。

  • 1800m以上の距離で勝利経験(1~3着馬の例外は昨年の3着馬だけ)
  • 重賞で3着以内の実績(1~3着馬12頭中9頭が該当)

 重賞実績のなかった馬のうち、2着馬に準OP勝ち直後の馬が2頭いるものの、今年のメンバーにはそのパターンは不在。となれば素直に重賞実績を重視してもいい。この2点だけで、アースライズ、シングウィズジョイ、ノボリディアーナ、メイショウスザンナ、リーサルウェポン、ルージュバックの6頭まで絞られた。

トップハンデ馬は苦戦?

 昨年こそトップハンデ馬の2頭が連対したが、その昨年はトップハンデが5頭横並びで、しかも54キロと比較的軽量。それ以前にトップハンデ馬が馬券に絡んだ例は2009年1着のキストゥヘヴンまで遡る必要がある。トップハンデで56キロを背負うノボリディアーナルージュバックは押さえまで、といったところか。

 斤量面で更に言えば、前4年の1~3着馬はすべて前走からの斤量増減が±1キロ以内。大幅な斤量の増減はマイナス材料になりそう。

 ステップ面では愛知杯を経由してきた馬が〔2.2.2.12〕とまずまずの成績。前走の愛知杯からプラス1キロで収まっているアースライズを本命に推す。次点は54キロの京都牝馬Sを挟み、マイナス3キロとなるリーサルウェポン

アースライズ

54キロという“適度”な斤量を背負うアースライズを中心視(撮影:日刊ゲンダイ)

 気になるのは新設重賞となったターコイズSを制したシングウィズジョイ。2010年以降、中山の芝1600mを勝った馬が、次走で中山の芝1800mに出走した場合、〔2.3.2.17〕という成績。内外回りや距離は違うが思ったほど悪くはないか。これを▲に。

 以下、ノボリディアーナ、ルージュバック、メイショウスザンナは△の評価。

結論

◎アースライズ
○リーサルウェポン
▲シングウィズジョイ
△ノボリディアーナ
△ルージュバック
△メイショウスザンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル