シュヴァルグランに3000mは酷? 阪神大賞典データ予想

重賞データ攻略
阪神大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 過去10年で1番人気馬が馬券外に沈んだのはわずかに1回。オルフェーヴルの逸走やゴールドシップの3連覇など、数々の名シーンを生み出してきた伝統の長距離重賞。

とにかく長距離実績が必須

 今や数えるほどしかない3000m以上のレース。過去5年の1~3着馬について見ていくと、3000m以上のレースでの実績は以下の通り。

2011年
1着 ナムラクレセント→菊花賞3着、阪神大賞典3着
2着 コスモメドウ→万葉S1着、ダイヤモンドS1着
3着 モンテクリスエス→万葉S2着2回、ステイヤーズS3着、ダイヤモンドS1着

2012年
1着 ギュスターヴクライ→ダイヤモンドS2着
2着 オルフェーヴル→菊花賞1着
3着 ナムラクレセント→阪神大賞典1着、菊花賞3着

2013年
1着 ゴールドシップ→菊花賞1着
2着 デスペラード→ステイヤーズS3着、万葉S1着
3着 フォゲッタブル→菊花賞2着、ステイヤーズS1着、ダイヤモンドS1着

2014年
1着 ゴールドシップ→菊花賞1着、阪神大賞典1着
2着 アドマイヤラクティ→ダイヤモンドS1着
3着 バンデ→菊花賞3着

2015年
1着 ゴールドシップ→菊花賞1着、阪神大賞典1着2回
2着 デニムアンドルビー→3000m超での実績なし
3着 ラストインパクト→菊花賞4着

 3000m超のレースで3着以内がなかったのは昨年の2~3着馬だけ。ただし、3着馬のラストインパクトは菊花賞4着と全く実績がなかったわけではない。昨年の2~3着馬の共通点はGII勝ちの実績があること。3000m超のレースで実績がない場合はせめてGII勝ちの実績が欲しい。

 今回のメンバーで長距離実績があるのはトーホウジャッカル(菊花賞1着)、カムフィー(ステイヤーズS2着、ダイヤモンドS3着)、カレンミロティック(天皇賞(春)3着)の3頭。狙いはこの3頭が中心になる。

トーホウジャッカル

菊花賞以来となる長距離戦で復活を果たせるか注目のトーホウジャッカル(撮影:日刊ゲンダイ)

 押さえにはGII勝ちのあるアドマイヤデウスマイネルメダリスト。菊花賞4着のタンタアレグリアや、人気の一角シュヴァルグランはGII2着が最高。ここでは意外と苦戦するかもしれない。

結論


トーホウジャッカル
カムフィー
カレンミロティック

連下
アドマイヤデウス
マイネルメダリスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル