何が何だかわからないフラワーCを、減点法で攻略

重賞データ攻略
フラワーカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 桜花賞トライアルは先週で終了。NHKマイルCやオークスを目指す牝馬たちにとっては何としても賞金を加算したい一戦。

前走を勝っているのがアドバンテージ

 2011年は阪神での代替開催。それ以降の4年間の特徴は前走を勝っている勢いのある馬が好走、というパターンが非常に多いこと。前4年の連対馬8頭中6頭、1~3着馬の12頭中8頭が前走1着馬だった。

 今年はアオイサンシャイン、エテルナミノル、エンジェルフェイス、ギモーヴ、ゲッカコウ、フェイズベロシティの6頭がこのパターン。迷ったらこの中から選ぶのも手。

混戦ゆえに勝ち馬を探す

 過去10年の結果から、以下のポイントで勝ち馬を探してみたい。

  • デビュー戦1~2番人気(10頭中7頭)
  • デビュー戦3着以内(10頭中8頭)
  • 関東馬(10頭中8頭)
  • 前走1着(10頭中7頭)→例外の3頭は前走で重賞に出走し3番人気以内
  • 前走3番人気以内(10頭中8頭)
  • 前走1600m(10頭中7頭)
  • キャリア3~5戦(10頭中8頭)→キャリア6戦以上の馬はゼロ

 以上のポイントを各馬に当てはめていくと、減点が1つに収まったのはアオイサンシャインルフォールの2頭。これらを勝ち馬候補としたい。

ルフォール

前走クイーンCでは8着に敗れたルフォール(撮影:日刊ゲンダイ)

 前走を勝っていた馬の中で減点が2つしかなかったのはギモーヴフェイズベロシティの2頭。ギモーヴの母ヒカルアマランサスは京都牝馬Sを勝ち、ヴィクトリアマイルでも2着。フェイズベロシティは3代母がエアグルーヴ。どちらも血統背景が良く、伸びシロもありそう。

 その他ではペルソナリテラルクが減点項目が2つで収まっている。この2頭も押さえておきたいところ。

結論


アオイサンシャイン
ルフォール

連下
ギモーヴ
フェイズベロシティ
ペルソナリテ
ラルク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル