どっちが有利? 「香港帰り」モーリス 「ドバイ帰り」リアルスティール

重賞データ攻略
安田記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイル王モーリスに、同じく海外GIからの凱旋となるリアルスティール。久々の勝利を狙うイスラボニータや本格化の気配漂うサトノアラジンなど、頭数は少ないが豪華なメンバー構成。王座安泰か、新王者誕生か?

海外帰りをデータで紐解く

 今年の安田記念、最大の分岐点は海外帰りの2頭、モーリスリアルスティールをどう扱うかだ。2000年以降、GIレースで前走が海外レースだった馬は〔18.13.10.160〕という成績。安田記念では〔3.2.2.27〕で、JCの〔3.2.2.56〕と並んで、その比率が高いレースである。また前走が海外レースだった馬で日本馬に限れば〔11.12.3.46〕となる。

 次に2000年以降のGIで前走が海外レースだった日本馬について掘り下げてみよう。

間隔別成績
中1週〔0.0.0.1〕
中2週〔0.0.0.0〕
中3週〔0.0.0.0〕
中4週〔0.0.0.2〕
中5~8週〔7.6.1.15〕
中9週~24週〔2.5.2.24〕
中25週以上〔2.1.0.4〕

前走着順別成績
1着〔2.2.0.8〕
2着〔4.4.1.5〕
3着〔3.0.0.4〕

人気別着順別成績
1番人気〔7.5.2.3〕
2番人気〔1.2.0.5〕
3番人気〔1.2.0.4〕

 モーリスは今回が中4週というのがネックになりそう。そもそも、海外帰りの馬が間隔を詰めてGIへ、というケース自体が少ないということもあるが…。参考までに海外馬の出走間隔別成績を載せてみる。

海外馬の出走間隔別成績(2000年以降のGIレースが対象)
中1週〔0.0.0.3〕
中2週〔0.0.2.13〕
中3週〔2.0.2.15〕
中4週〔0.0.0.11〕
中5~8週〔4.1.2.53〕
中9~24週〔1.0.1.16〕
中25週以上〔0.0.0.5〕

 逆に海外馬はある程度、間隔が詰まっていても好走するケースが見受けられるが、1ヵ月~2ヵ月くらい間隔があったほうが良いというのは日本馬とも同様。

 ◎は調整過程に余裕のあるリアルスティールとしたい。ドバイターフ(旧ドバイデューティフリー)から安田記念へ臨戦した馬は過去10年で〔2.1.0.1〕と抜群の成績。○モーリスを負かす可能性は十分と見た。

リアルスティール

ドバイ帰りのリアルスティールがデータでは優勢(撮影:下野雄規)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル