スプリント既成勢力を一掃レッドファルクス 今後は芝に専念を

佐藤直文 レース回顧
CBC賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二刀流返上でサマー王者へ 大外一閃レッドファルクス

 中京のCBC賞は、サマースプリントシリーズの第2戦。第1戦の函館スプリントSが3歳馬のワンツー決着だったことを考えても、スプリント路線の古馬に少々駒不足の感が否めない。既成勢力の馬が敗れた今回の結果も、その証明と言えそうだ。

 レッドファルクスは、今年4戦がいずれもダート戦で、前走はオープン特別を勝った馬。もちろん芝でも過去2勝を挙げていた“二刀流”であるが、その芝2勝が中京コースだったことを考えれば全く驚けない快勝ぶりだった。ただ、同じ中京1200mでの準オープン勝ちが1分10分9という全く異なる馬場でのもので、1分7秒2の高速決着を後方から差し切るという今回の内容は、完全本格化と判断していいだろう。もちろん、今後は芝に専念してほしいし、中京以外のコースでも注目できるはずだ。

レッドファルクス

上がり32秒7の末脚で重賞初制覇を飾ったレッドファルクス(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ラヴァーズポイントは、正直言って完全ノーマークの馬だった。目下の状態の良さと50キロの軽ハンデ、それ以外に好走理由は見つからないのだが、冒頭に触れた通り、他の馬が走らなかったと見ることもできる。

 3着ベルカントは、ハナへ行って自分の競馬に徹した形。軽い馬場となったのも有利と言えたが、やはり海外遠征帰りでの久々と、ハンデが微妙に響いたか。次走は同じ競馬でも粘りが増すはずだ。

 4着サドンストームは、いつもより前で運んで早めの競馬となったが、そうなるとラストの伸びも一息。今日のような馬場より、少し時計のかかる馬場が向くタイプでもある。

 5着ベルルミエールは、外を回る形でこの馬なりに良く伸びてはいたが、この馬にも時計が速過ぎたか。

 スノードラゴンは、出負けして後方からとなり、直線でも進路を探しつつという形。直線半ばで大外へ持ち出してからは、らしい伸びを見せており、年齢的な衰えよりも今日はハンデが応えたか。エイシンブルズアイは、高松宮記念が今日の決着タイムと同じだっただけに、時計が速過ぎたわけでもあるまい。出して行ったのがマズかったのか、デキの問題か。サマーシリーズよりもスプリンターズSが目標という陣営のコメントもあっただけに、馬体重以上に余裕を持たせた仕上げだったのだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル