ディープブリランテ産駒初V ディーパワンサは母の血統にも魅力あり

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダービー馬ディープブリランテの一番娘 ディーパワンサ

7/3(日) 中京6R 2歳新馬 芝1400m
ディーパワンサ 牝 馬体重:424kg
★★★★★ 5点〔1600万クラス〕
騎手:川田 厩舎:(栗) 松下
生産: ノーザンファーム
馬主: キャロットファーム
父ディープブリランテ
母ポロンナルワ(Rahy)

出脚が鈍いようで、押して押して好位へ取りつく。そこからは楽に追走し、直線に入ると進路をこじ開けるようにして抜け出してきた。これが2012年のダービー馬ディープブリランテ産駒の初勝利。先頭に立ったあとも余力のある走りで、仕上がりも良かった。時計以上に評価できる勝ちっぷりと言えよう。

ディーパワンサ

終始余裕のある手応えでデビュー戦を制したディーパワンサ(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

小柄だが骨格がしっかりとしており前後のバランスも良い。パドックでは大人しく周回、レースでは前向き、というのは父の影響だろう。出脚は経験を積んで改善されてくるはず。意外にも胴がやや詰まり気味に映り、完歩も小さめ。ただ、瞬発力はある。マイル以下が主戦場となりそうだが、牝馬ゆえに活躍の場は多い。

血統診断

母は未出走だが、祖母がシンハリーズということで、今年のオークス馬シンハライトの姉である。母父Rahyと祖母の父シングスピールは兄弟にあたり、母方に名牝Glorious Song(米GI・4勝)のインブリードが発生している。また父がサンデーサイレンス系という事で名牝コスマーのインブリードもあるというのが特徴。父は言わずと知れたダービー馬で、血統構成から考えると中距離くらいまでは対応できても不思議はない。

馬券の狙い目→1400m~1600mの500万・OP特別は鞍数も多い。秋の京都、馬場の良いりんどう賞やもみじSなどが適鞍だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 想定単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬@ソーシャル