混戦クイーンS 注目3歳ロッテンマイヤーには不利なデータが…

重賞データ攻略
クイーンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気を集めるとみられていたオークス2着馬チェッキーノが回避。空模様と同様に雲行きが怪しくなってきたが、データ班の結論は?

逃げ馬と差し馬、どちらが有利?

 春のGI戦線を戦ってきた馬が、始動戦に選ぶことも多い牝馬限定の重賞。まずは年齢別とステップ別の成績をみてみよう。

年齢別成績(過去10年)
3歳〔3.2.1.16〕 連対率22.7%
4歳〔3.2.3.27〕 連対率14.3%
5歳〔2.6.5.37〕 連対率16.0%
6歳〔2.0.1.15〕 連対率11.1%

前走レース別成績(過去10年)
ヴィクトリアマイル〔4.3.2.10〕
オークス〔2.1.1.10〕
マーメイドS〔1.2.3.18〕
その他のGIII〔1.1.1.11〕
OP特別〔0.1.0.11〕
1600万〔2.2.3.18〕

 どの世代も満遍なく馬券に絡んではいるが、やや分が良いのは3歳馬。ステップ別の成績をみると、上の3つで1~3着馬の30頭中19頭を占めており、中心はこれら。特に過去3年で5頭も馬券に絡んでいるヴィクトリアマイル組は要注意。

ステップ別に掘り下げていくと…

 まずはオークスから挑む3歳勢。オークスからの臨戦馬は過去10年で4頭が馬券に絡んでいるが、その共通点は「オークス&クイーンSでともに5番人気以内」、「中山・阪神のマイル戦で好走歴」の2点。チェッキーノ回避でオークス組はロッテンマイヤーのみとなったが、条件はクリアしていない。

ロッテンマイヤー

チェッキーノ回避で有力3歳馬筆頭になったロッテンマイヤー(撮影:日刊ゲンダイ)

 次にヴィクトリアマイル組。過去3年で馬券に絡んだ5頭のうち4頭に共通していたのは札幌・函館での実績。「1着」もしくは「重賞で0.2秒差以内」の経験があったかどうか。よって札幌で〔1.2.0.0〕のシャルール、札幌2歳S勝ちのレッドリヴェールをマーク。

 その一方で、マーメイドS組は掴み所が難しい。昨年の1、3着馬のように着順が悪くても巻き返すパターンが多いからだ。それらしい共通点といっても1800m以下で勝利経験があるといったことくらい。幸いにも今年はこの組が2頭だけなので、リラヴァティナムラアン両方を押さえる手もありか。

 その他で目立つのは前走・準OP組。馬券に絡んだ7頭中6頭には札幌での連対実績があった。馬券的妙味もありそうなテルメディカラカラに高配当の使者を期待したい。

結論

シャルール
レッドリヴェール
リラヴァティ
ナムラアン
テルメディカラカラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル