410キロのディープ牝駒 決め手◎レッドルチアに高評価

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同厩の兄姉は重賞でも好走 レッドルチア

10/22(土) 東京4R 2歳新馬 芝1600m
レッドルチア 牝 馬体重:410kg
★★★★★★ 6点〔OPクラス〕
騎手:M.デムーロ 厩舎:(美) 鹿戸雄
生産:ノーザンファーム
馬主:東京ホースレーシング
父:ディープインパクト
母:サセッティ(Selkirk)

ちょっと道中は力んだように見えたが、2着馬が外から進出したのをスルーして折り合えていたので問題はない。直線ではその2着馬の後ろから仕掛け、大きなフットワークで力強く伸びて半馬身差し切った。3着馬を3馬身半離した内容は、牝馬限定戦ながら強い勝ちっぷりと言える。

レッドルチア

デビュー勝ちを収めたディープインパクト産駒の小柄な牝馬レッドルチア(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

410キロと小さな体はパドックでもその通りに映ったが、決して非力とも言い切れない。スラッと伸びた脚はもう少し長めの距離にも対応できるだろうし、体全体に柔らかさがあって、脚捌きにも瞬発力を存分に感じさせる。この血統は小柄なタイプが多い。とはいえ正面から見たときの体の厚みは物足りないだけに、もう少し成長も欲しい。

血統診断

母系は国内外問わず多数の活躍馬が出ているファミリーで、伯母に愛オークス馬、近親にハーツクライ、ノンコノユメ、ダイヤモンドビコーなど。本馬の兄姉も活躍しており、一番上の全兄レッドセインツは新潟2歳S3着、半姉レッドセシリアは阪神JF3着、2つ上の全兄レッドライジェルも現在準OPという状況。特に東京や新潟など、直線の長いコースでの決め手勝負に長けているのがこの血統の特徴である。

馬券の狙い目→直近での適鞍は赤松賞(東京1600m)。この馬の決め手が生きる東京の1600m~2000mがベスト。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 日本ダービー戦績
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬@ソーシャル