長距離適性あり 名牝トゥザヴィクトリーの孫ダノンディスタンス

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名門出で素質光るダノンディスタンス

11/6(日) 京都5R 2歳新馬 芝2000m
ダノンディスタンス 牡 馬体重:526kg
★★★★★ 5点〔1600万クラス〕
騎手:和田 厩舎:(栗) 佐々木晶
生産:ノーザンファーム
馬主:ダノックス
父:ルーラーシップ
母:アゲヒバリ(クロフネ)

スタートは無難に出たが、無理せず中団外目に構える。2着馬のヒシマサルが進出を開始すると、それをマークするように4番手の外へ。少しエンジンのかかりが遅い印象もあったが、直線でGOサインが出ると力強く脚を伸ばして3頭の真ん中を突き抜けた。

ダノンディスタンス

ゴール前3頭の争いを制したのは真ん中のダノンディスタンス(黄帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

520キロ台と大型なのは父母譲りではあるが、パドックで見たところ、まだ太目残り。ただ、脚捌き自体にはそれほど重さも感じられず、首の使い方も理想的だった。馬格の割りにストライドはそれほど大きいわけでもなく、加速力もある。2000m~2400m辺りが向いているタイプで、中々の好素材。

血統診断

祖母は名牝トゥザヴィクトリーだが、一族には体質面に不安のある馬も多く、本馬の母もその様子。それでもトゥザグローリー、トゥザワールドといった重賞勝ち馬が出ているようにポテンシャルは高い。本馬の兄メドウラークは芝2000m~2400mで活躍しOP入り、父が同じキングマンボ系となる兄ダノンアローダは勝ち上がりこそダートだったが、芝の中長距離でも実績を残している。本馬の距離適性もそれ位になるだろう。

馬券の狙い目→芝2000m~2400mの500万~OP特別が狙い目。ただ、完成をみるのは古馬になってからか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 日本ダービー戦績
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬@ソーシャル