ケチがつけられないレコードV 大化けの可能性もあるタガノトネール

佐藤直文 レース回顧
武蔵野S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強気の田辺がまたしても 圧巻のレコード走でタガノトネール

 まずは1分33秒8のレコード決着に驚かされたが、最終の1300mダートでも1000万条件ながらレコードが出ており、最高に時計の出るダートだったか。とはいえ、フェブラリーSでモーニンがマークした時には驚異的と思えたレコードをコンマ2秒更新し、馬場改装前のクロフネがマークした1分33秒3は別格としても、JRAのダートで33秒台は以来2頭目なのだから、勝ち馬の走りにはケチなどつけられない。

 タガノトネールは、前半3ハロンが34秒5の速い流れを2番手から絶好の手応えで運び、以降も強気に運んで早目に抜け出す形。一昨年のフェブラリーSでのコパノリッキーもそうだったが、田辺騎手が強気の競馬で持ち味を引き出す満点騎乗であった。これまでは交流重賞勝ちこそあったものの、中央での一線級相手では善戦止まりのイメージもあった馬。ただ、6歳とはいえ、セン馬ならこれから大化けする可能性もあり、今後も目は離せない存在となるだろう。

タガノトネール

田辺騎手の強気の騎乗に応えたタガノトネール(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ゴールドドリームは、ソツのない競馬で高速決着に対応したもの。久々だったことを考えても、3歳馬として立派な走りだったと言えるが、賞金面で微妙なチャンピオンズカップに出走が叶うなら、当然有力の一頭となる。

 3着カフジテイクは、最後方から自分の競馬に徹して、上がり3ハロンは34秒2を計時したもの。ベストはあくまでも1400mの馬だろうが、こういう腹をくくった競馬で本領を発揮するタイプであり、高速馬場も合う馬だ。

 4着キングズガードは、前走に続いて3着馬の後塵を拝した形だが、少し中途半端に行き過ぎた印象も受けた。新しい面を引き出そうとした鞍上の意欲は買えるが、結果としては3着馬のように直線勝負に徹していれば、もう少しやれたのではないか。

 5着ドリームキラリは、勝ち馬に早目に交わされてからもバテずに踏ん張ったもの。けっして流れが味方したわけではなく、重賞初挑戦での走りを素直に褒めるべきだろう。

 モーニンは、自身がフェブラリーSで1分34秒0で駆けているのだから、高速決着が敗因ではない。となると、59キロの斤量であろうが、それにしてもここまで負ける馬ではないだろう。8着と敗れた2走前を考えれば、久々やモマれる競馬が合わないのか。次走のチャンピオンズCで、その結果が出ることになるのだろうが、全幅の信頼が置けなくなったことは確かだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出走予定馬、想定単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走予定馬一覧には、想定単勝オッズや次走予定を合わせて掲載。いまから年末のレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 有馬記念戦績
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル