阪急杯、勝利に必要な4つの条件 クリアしたのは3頭だけ

重賞データ攻略
阪急杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年の勝ち馬ミッキーアイルを始めとして、毎年のように当レースの好走馬が高松宮記念でも好走中。本番を見据えた重要な前哨戦をデータで徹底分析。

勝利のための4箇条

 昨年と同じ顔ぶれも何頭かはいるが、12頭立てとフルゲートを大きく割っており、例年よりはやや小粒なメンバー構成。というわけで馬券的なことを考えると、まずは勝ち馬探しから始めたい。

勝ち馬のポイント(過去10年)※2007年は1着同着

  • 重賞連対実績(11頭中10頭)→11頭中7頭は重賞勝ち馬
  • 阪神での連対実績(11頭中9頭)
  • 1400mでの1着経験(11頭中8頭)
  • 前年以降に重賞3着以内(11頭中10頭)

 以上の4点が勝ち馬の条件として挙がる。距離実績に関しては、1200mで1着経験のあった馬が11頭中3頭に対して、1600mで1着経験だと11頭中7頭だから、スプリンター型よりもマイラー型に分があるとも言えそう。

 上に挙げた4点を全てクリアしたのはシュウジテイエムタイホーロサギガンティア。ただし、当レースにおいて7歳以上の馬は過去10年で〔1.1.0.40〕なので、8歳馬のテイエムタイホーはやや割り引き。ならば人気でもシュウジロサギガンティアには逆らえないだろう。

シュウジ

昨年暮れに行われた阪神カップの覇者シュウジ(白帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

相手探しのポイントは年齢と前走

 勝ち馬探しで挙げたポイントは2~3着馬に拡げてもほぼ同様の結果となり、重賞連対実績(30頭中24頭)、阪神連対実績(30頭中24頭)、1400mでの1着経験(30頭中23頭)となる。先に挙げた3頭以外ではカオスモスがこれに該当。

 相手候補をもう少し探るなら、年齢と前走のクラスがポイントとなりそう。

年齢別成績(過去10年)
4歳〔2.3.7.22〕
5歳〔7.3.2.33〕
6歳〔1.2.1.37〕
7歳以上〔1.1.0.40〕

前走クラス別成績(過去10年)
1600万〔0.0.1.12〕
OP特別〔0.0.1.31〕
GIII〔5.6.4.62〕
GII〔4.3.3.13〕
GI〔0.0.1.13〕
海外〔2.0.0.0〕

 年齢では4~5歳馬の活躍が目立つ。また、前走が1600万やOP特別だった馬は割り引きで、前走・重賞組の中でも阪神C組の〔4.3.3.11〕という成績がひとつ抜きん出ているが、基本的にはGIIやGIIIから臨戦してきた馬を拾いたい。

 5歳馬ブラヴィッシモは前走・シルクロードS組。重賞連対実績こそないが、昨年の当レースで3着ならそう目くじらを立てる必要もないか。同じく5歳馬のムーンクレストも重賞連対実績以外はクリア。今回と同舞台で行なわれた仲秋Sではブラヴィッシモとクビ差の2着があり、実力的にもほぼ互角。

結論


シュウジ
ロサギガンティア

相手
テイエムタイホー
カオスモス
ブラヴィッシモ
ムーンクレスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル