スプリント戦線の新星メラグラーナ 高松宮記念は“主役”で

佐藤直文 レース回顧
オーシャンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

混迷スプリント戦線に一筋の光 メラグラーナ

 先週の阪急杯の回顧でも言及したが、高松宮記念へ向けては有力馬の回避が相次ぎ、昨秋のスプリンターズSを制したレッドファルクスもぶっつけ参戦となる見込みだ。最終のステップレースとなるここで、存在をアピールする馬が出現するなら、一気に頂点への期待も高まるところだが…。

 少し時計のかかる馬場状態で、ガンガン飛ばすタイプもいなかったことを考えれば、テン3ハロン33秒6はイメージ以上の速いペースだったと言えるが、中団の外目というメラグラーナのポジションは理想的だった。人気を背負っていただけに、もう少し前目で運ぶかとも思ったが、このあたりは鞍上も自信を持っていたのだろう。勝って当然の相手だったとはいえ、着差以上の完勝ぶりであり、中京コースにも実績があるだけに、高松宮記念では主役として臨めるはずだ。

メラグラーナ

1番人気に応えたメラグラーナ(黄帽)が高松宮記念の優先出走権を獲得(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ナックビーナスは、枠なりに好位のインを巧く立ち回ったもの。完璧なレース運びではあったが、今日のところは相手が一枚上だった。

 3着クリスマスは、巧く流れに乗って直線では外へ持ち出す形だったが、これまた完璧な競馬ができたように思う。ただ、結果に関しては、2着馬同様、相手が強かったと言うしかない。

 4着ブレイブスマッシュは、初の1200m戦の流れにも戸惑うことなく、好位で流れに乗れていた。直線でも一旦は先頭を窺う形で見せ場を作ったが、最後は経験の差もあったろう。慣れていけば、いずれはこの距離でも重賞に手が届くかもしれない。

 5着ブラヴィッシモは、直線で最内から目立つ伸び。もう少し流れに乗れていれば、と思えた内容で、阪急杯からの連闘だったことを考えても、オープン特別あたりなら何とかなっていいレベルの走りだった。

 スノードラゴンは、全盛時の力があれば届いて不思議のない流れだったと思うが、さすがに9歳を迎えて往年の力は望めなかったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル