またまたハーツクライ産駒 ルヴォワールがオークス候補に浮上

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いざオークストライアルへ 関東の秘密兵器 ルヴォワール

3/25(土) 中山9R ミモザ賞(500万) 芝2000m
ルヴォワール 牝 馬体重:522kg(-4)
騎手:石川 厩舎:(美) 手塚
生産: ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム
父:ハーツクライ
母:リュヌドール(Green Tune)
初勝利時の評価:★★★★★ 5点〔1600万クラス〕

今回がデビュー2戦目で、調整過程などを見ると大事に調整されている様子。初戦とは一転して少頭数の競馬になったが、中団でピタリと折り合い、最後までムチを入れられることなく楽勝。レース自体はスローの上がり勝負でラスト2Fが11秒4-11秒6。自身は恐らくラスト1Fで11秒フラット位の脚を使っている。年明けのTMアンケートで、手塚厩舎担当の大江原TMがオークス馬候補に名前を挙げたのも納得の勝ちっぷりだ。

ルヴォワール

余裕の勝利でオークスの有力候補に浮上したルヴォワール(撮影:日刊ゲンダイ)

オークス 想定単勝オッズ

(→)1番人気 ソウルスターリング 3.3倍
(→)2番人気 リスグラシュー 4.5倍
(→)3番人気 アドマイヤミヤビ 5.8倍
(→)4番人気 ファンディーナ 6.3倍
(→)5番人気 フローレスマジック 14.7倍



(NEW)10番人気 ルヴォワール 36.0倍

長所

520キロ超という大型馬で、とても牝馬とは思えない馬体。先週のファンディーナ(フラワーC)もそうだったが、同世代の牝馬に混ざると異質に映るほど。ハーツクライ産駒は今年の3歳牝馬路線の勢いが素晴らしく、リスグラシュー、アドマイヤミヤビなどがいて、特にオークス向きのタイプが多い。まだ底を見せておらず、一線級との対戦が楽しみな逸材。

短所

昨秋の時点では体力面がまだ出来上がっていなかったとのことで、成長を待ってデビューが年明けに。また、脚元(蹄)に繊細な面もあるようで、この後のトライアル→オークスという連戦がどう出るのかは不安要素だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 日本ダービー戦績
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬@ソーシャル