群雄割拠レイデオロ世代の★評価まとめ 16-17シーズン最終回

オークス、ダービーはともに藤沢和厩舎の勝利と、終わってみれば昨年末の下馬評がそのまま表れた結果に。2歳馬&3歳馬チェックチームが改めてクラシック路線を振り返ります。

優馬2歳馬&3歳馬チェック
日本ダービーオークス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やはり強かったのは2歳女王ソウルスターリング

桜花賞

1着 レーヌミノル(★5つ)
2着 リスグラシュー(★7つ)
3着 ソウルスターリング(★7つ)

オークス

1着 ソウルスターリング(★7つ)
2着 モズカッチャン(★4つ)
3着 アドマイヤミヤビ(★5つ)

 ソウルスターリングは桜花賞3着→オークス1着。期待を裏切った桜花賞は、やはり道悪が敗因と印象付ける結果になった。オークスの着順を改めて振り返ると、阪神JFで示された力関係がそのまま反映されたと言える(リスグラシューは阪神JF2着→オークス5着、レーヌミノルは阪神JF3着→オークス13着)。ただし、レーヌミノルは距離も敗因だったのも確か。秋以降、再びマイル以下に照準を合わせてくれば、古馬が相手でも侮れない勢力になるはず。

 桜花賞では12着に大敗したアドマイヤミヤビだが、オークスでは3着と巻き返しに成功。桜花賞の時のような速い流れでは追走に苦労するタイプなので、今後は2000m超の距離や、あらかじめスローペースが見込まれるレースの方が良いだろう。百日草特別で負かしたカデナやアウトライアーズといった牡馬達がトライアルは好走したものの、肝心の本番がサッパリだっただけに、やや再評価の必要性も出てきたように感じる。

 今シーズンの牝馬で★9つの評価をしたのはコロナシオンミリッサの2頭。ミリッサは500万をオークス前日に勝ったものの、エルフィンS3着、チューリップ賞4着という結果に。コロナシオンに至っては牝馬限定の500万で3着が最高成績。良血馬ゆえに過剰な評価をしてしまった点は反省点である。ただ、新馬戦で見せたパフォーマンス自体は偽りのないはずで、どこかで素質が花開く時が来る……、と信じてみたい。

 ★8つの評価を与えたのはミスエルテアエロリットミスエルテはファンタジーSを楽勝して挑んだ朝日杯FSで4着。今春のGI2戦は実力云々よりも体調面、精神面が本物ではなかったように映った。一方、アエロリットは着実に成長を示して桜花賞5着の後のNHKマイルCで見事優勝。2歳6月の新馬戦で見せた高いパフォーマンスを素直に評価できたことに溜飲が下がる想いである。

 3歳牝馬路線は他にも、皐月賞で1番人気に推されたファンディーナや、2戦2勝ながら大事を取って春のクラシック路線はパスしたルヴォワールなどがいて、まだまだ新勢力との対決という要素を残しており、秋は打倒ソウルスターリングを目指す戦いになる。

ソウルスターリング

オークスは昨年の2歳女王ソウルスターリングが優勝(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル