安田記念を勝つための5つの条件 オールクリアは1頭だけ!

重賞データ攻略
安田記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年はロゴタイプがモーリスを破り波乱に終わった安田記念。今年は香港から2頭が参戦し、フルゲートになったこともあって混戦が予想されるが、データ班のジャッジは?

多種多様なステップ

 スプリント路線からはレッドファルクス、中距離路線からはステファノスアンビシャスも参戦し、バラエティ豊かなラインナップ。元々、そういった傾向のあるレースだけに、ステップレース自体にもばらつきがある。

前走レース別成績(過去10年)
ヴィクトリアマイル〔2.0.1.15〕
ダービー卿CT〔2.0.0.3〕
京王杯SC〔1.3.1.34〕
マイラーズC〔0.2.7.31〕
大阪杯〔0.2.1.3〕
チャンピオンズマイル〔0.2.0.19〕

前走クラス別成績(過去10年)
OP特別〔1.0.0.12〕
GIII〔2.0.0.8〕
GII〔1.7.9.73〕
GI〔4.1.1.25〕※海外レースを除く

 前哨戦として設定されている京王杯SCやマイラーズC組は出走数自体が多いだけに、しっかりとした吟味が必要だろう。また、前走がOP特別だったのは2010年1着のショウワモダンだが、同馬は2走前にダービー卿CTを勝っていた。重賞実績のない前走・OP特別組は割引きが必要。

勝ち馬の条件は?

 過去10年、1~2番人気が7勝とまずまずの成績を挙げてはいるが、その実は1番人気が〔4.1.0.5〕、2番人気が〔3.1.0.6〕と、半数以上は馬券圏外に沈んでいるという事実。よって勝ち馬をしっかりと見極めることが重要だろう。

勝ち馬のポイント(過去10年)

  • 前走3着以内(10頭中9頭)→例外の1頭も前走4着馬
  • GI連対実績(10頭中8頭)※例外2頭は重賞を含む連勝中で初GI挑戦
  • マイル戦で1着(10頭中8頭)→10頭全馬に連対実績
  • 東京コースで1着(10頭中8頭)
  • 上がり3F最速をマークしたレースで1着(10頭中9頭)

 これらの条件をすべてクリアしていたのはステファノスだけ。東京のマイル戦と言えば3歳秋に富士Sを制しており、2000m戦だが天皇賞(秋)でも2、3着がある。GI戦では香港も含めると〔0.3.2.3〕とあと一歩の所まで来ており、距離短縮で悲願達成とみる。

ステファノス

悲願のGI制覇を果たせるか注目のステファノス(手前)(撮影:日刊ゲンダイ)

 次点には昨年の覇者ロゴタイプを指名。減点項目は1つだけで、「上がり3F最速をマークしたレースで1着」という経験がなかった唯一の勝ち馬がこのロゴタイプである。当レースで連覇を狙った馬は平成以降だと5頭中3頭が連対しており、今年も侮れない存在だろう。

相手には京王杯SC&マイラーズC組

 次に相手候補選び。まずは京王杯SC組について考えると、馬券に絡んだ5頭全馬の共通点は前走5番人気以内かつ前走上がり3F2位以内。着順自体はそれほど気にする必要はないが、勝ち馬から0.5秒差以内が目安。この点からレッドファルクスサトノアラジンを相手候補に。

 一方、マイラーズC組は前走6着以下や、6番人気以下といったグループからも3頭ずつが馬券に絡んでおり、前走の内容については京王杯SC組よりも参考にならない。馬券に絡んだ9頭中7頭には東京コースでの重賞連対実績があり、これがポイントか。過去10年で〔0.0.0.8〕の8歳馬サンライズメジャーは割り引くとして、イスラボニータブラックスピネルヤングマンパワーの3頭がここでは候補に挙がる。

結論

◎ステファノス
○ロゴタイプ
△レッドファルクス
△サトノアラジン
△イスラボニータ
△ブラックスピネル
△ヤングマンパワー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル