1分6秒8! 超高速函館で3歳牝馬ジューヌエコールが古馬を一蹴

佐藤直文 レース回顧
函館スプリントS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千二がベスト距離? ジューヌエコール

 土曜に2鞍、日曜に3鞍も電光掲示板に“レコード”の赤い文字が点る大異変となった先週の函館。今年は速いかも、という噂は耳にしていたものの、よもやこれほどの高速馬場になるとは思いもよらなかった。1分6秒8という決着も、日曜8Rの500万条件戦において、前日に樹立されたレコードを再度更新した時点で見えていた結果であり、これまでのコース実績があった馬は当然として、パワーを要する洋芝が合うと踏んで参戦した馬にとっても、誤算だったであろう。

 ジューヌエコールは、道中は前を見る位置の好位でスムーズに流れに乗り、4コーナーでも一頭だけ違う手応えで直線を向く形。あとは何の苦労もなく前を捕まえ、ゴール前は流す余裕を見せての完勝だった。桜花賞以来の久々でもキッチリと仕上っていた上に、50キロの斤量も特に軽い馬場で生きたと言えるが、加えて初めての1200mもおそらくベストと言える距離なのだろう。とにかく恐れ入る強さだった。

 2着キングハートは、勝ち馬より後ろのポジションで流れに乗り、直線でもしっかりと伸びてきた。一戦ごとに力を付けているし、目下の状態をキープできればサマーシリーズでまだまだ暴れることができそうだ。

 3着エポワスは、前が飛ばす流れにも恵まれたとはいえ、これまた直線での伸びが目立った。9歳馬でこの高速決着に対応した点でも称賛に価する内容だ。

 4着セイウンコウセイは、ハイペースの2番手から直線で早目に抜け出す自分の競馬。厳しい流れと目標になる形に加え、そもそもこの馬向きの馬場ではなかったことを考えれば、GI馬の看板に傷が付くほどの負け方ではない。

 5着イッテツは、勝負どころで一旦後退しながら、直線で渋太く盛り返したもので、これまた高速決着に対応できたことは今後に繋がりそうだ。

 シュウジは、いくら高速馬場とはいえ、テンの3ハロン32秒2のラップでは失速もやむなしと言えるが、今年の3戦はいずれも制御が利かない競馬となったものであり、まずは気性的な問題を解決することが必要だろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル