逃げても強い! 自信の騎乗で横山典アエロリットがV

佐藤直文 レース回顧
クイーンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイラップの逃げ GI馬対決をアエロリットが制す

 この春のGI勝ち馬が2頭揃い踏んだ注目の一戦。ともに目標が先にあるだけに、万全の状態での激突ではなかったが、勝負の明暗が分かれたのはコース適性の有無だったように思う。

 アエロリットは、プラス1キロの馬体に太目感はなく、いっそう逞しくなった印象を受けた。スタートを決めて、鞍上が馬と喧嘩せずに後続をグングン離した結果、1000m通過は58秒3というハイラップになったが、後続も追い上げてきた3角過ぎからは息が入り、直線を向いてもう一度突き放したところで勝負も決まった。馬の能力もさることながら、札幌の1800mではこう乗れば勝てるという横山典騎手の自信に溢れた騎乗だったように思う。

 2着トーセンビクトリーは、直線で外に持ち出すのが強引で、鞍上が騎乗停止処分となったほどだったが、道中は好位のインで脚を溜め、中山牝馬Sの時と同じような競馬ができた。今後も今日のように気分良く運べるかが鍵となるだろう。

 3着クインズミラーグロは、ここ数戦よりは相手のレベルも高かった中で、本当に頭が下がる走り。スタートに課題が残るものの、力を付けていることは確かだ。

 4着クロコスミアは、ハナを切れなかったのは計算外だったかもしれないが、控える形でも味な競馬ができたのは収穫だろう。前走のレコード勝ちが伊達ではないことを示したと言える。

 5着エテルナミノルは、ロスなく立ち回った馬が上位を占めた中で、外を回ってこの着順は評価できる。自己条件へ戻ればアッサリのクチだろう。

 アドマイヤリードは、小回りコースが合わなかったと言えるが、速い流れの対応ができなかったと見ていい。スローで流れて瞬発力が生きるタイプだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル