鉄板タッグで初戦突破 皐月賞馬の甥タワーオブロンドン

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魅力的な血統背景 タワーオブロンドン

7/29(土) 札幌5R 2歳新馬 芝1500m
タワーオブロンドン 牡 馬体重:516kg
★★★★★★ 6点〔OPクラス〕
騎手:ルメール 厩舎:(美)  藤沢和
生産:ダーレー・ジャパン・ファーム
馬主:H.H.シェイク・モハメド
父Raven’s Pass
母スノーパイン(Dalakhani)

内枠の馬の方が好ダッシュだったが、外枠からジリジリと前へ。向正面に入った所で先頭に立つと、あとはマイペース。勝負所では持ったままで楽にペースアップし、残り200m辺りで仕掛けるとあっという間に差を広げてしまった。2着馬の方が上がり3Fは速かったものの、ゴール前でそれほど差は詰まっておらず、強い勝ちっぷりだけが目立つ結果となった。

馬体診断

500キロを超える大型馬で、パドックで見た印象も明らかにまだ太目。それでもこれだけ走るのだから大したものだろう。気性面に難しいところもなさそうだが前向きさも十分。大きな歩幅でシッカリと踏み込めて歩けていたし、実際のフットワークも良かった。1400m~1800m位が守備範囲のマイラーに育ちそう。

血統診断

父Raven’s Pass(レイヴンズパス)は英マイルGI・クイーンエリザベス2世Sとオールウェザーで行われた米GI・BCクラシックを制した名競走馬。3歳の春先は同期のヘンリーザナヴィゲイターに歯が立たなかったが、上記の2戦ではこれを退けて自身の価値を高めて見せた。母父のDalakhaniは凱旋門賞馬でコンデュイットの父。しかも祖母がシンコウエルメスということで、一族にディーマジェスティ(皐月賞)をはじめ、ジェネラス(英・愛ダービー)やトリプティク(GI・9勝)など歴史的・世界的名馬の名前もある魅力的な血統背景を持つ。

馬券の狙い目→マイル前後が適距離だが、コースは問わないタイプ。次戦予定のクローバー賞(札幌1500m)でも当然、好勝負になる。

ディーマジェスティ

タワーオブロンドンの叔父にあたる皐月賞馬ディーマジェスティ(中央)(写真は2016年皐月賞、撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル