代打秋山の神騎乗 巧みな立ち回りでタツゴウゲキが重賞初V

佐藤直文 レース回顧
小倉記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神様仏様秋山様 代打で一発タツゴウゲキ

 台風の接近が心配された中で、ほとんど影響を受けずに施行できたことは幸いだったが、タツゴウゲキの鞍上が、デムーロ騎手の落馬負傷により秋山騎手に乗り替わったことは、正直言って計算外だった。その前走の七夕賞が、この回顧でも触れた通り、勝負どころで大きなロスを被ったもったいない競馬だったこともあって、デムーロ騎手ならソツなく立ち回ってくれるはず、との期待を込めて今一度◎を打っていたのだが…。

 そのタツゴウゲキ。前走同様に好位のインでロスなく運び、直線を向いて前が壁になりかけたところで、秋山騎手が瞬時に進路を内へ。先に抜け出していた2着馬に内から馬体を併せてハナ差捉えたところがゴールであった。七夕賞は他の馬に騎乗していた秋山騎手に“こう乗れば勝てる”という認識があったのではないか、とすら思える巧みな立ち回りであったが、代打騎乗で結果を出した秋山騎手の神騎乗ぶりに、心底から拍手を贈りたい。

タツゴウゲキ

首を下げたところでゴールに入ったタツゴウゲキ(黒帽)が接戦を制した(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着サンマルティンは、勝負どころからマクリ気味に仕掛けて、直線では馬なりのまま先頭に。JRA全10場重賞制覇がかかった戸崎圭騎手もまた完璧な騎乗だったと言えるのが、今日のところは展開のアヤで仕方ないだろう。母のディアデラノビアは、阪神や中山のような急坂のあるコースを苦手としていたが、この馬もまたそうかもしれない。いずれにしろ小回りコースも合う馬で、重賞制覇の日もそう遠くはないだろう。

 3着フェルメッツァは、上位2頭には水を開けられたものの、直線で最後までしっかりと脚を使ったもの。前走の七夕賞は久々の分もあって5着止まりだったが、型通りの良化を見せたと言える。

 4着ベルーフは、直線で外からジワジワと脚を使って、過去2年連続2着のコース巧者ぶりを示したと言えるが、トップハンデだったのに加えて、まだベストの状態には戻り切っていなかったか。

 5着カフジプリンスは、小回りコースで距離を短縮してみても、勝負どころでズブくなるのはいつもと同じだった。最後に地力で差を詰めてきたが、小回り2000mでどうこうの馬ではないだろう。

 ストロングタイタンは、好位でスムーズに流れに乗る前走と同様の競馬だったが、勝ち馬にマクられた4コーナーの時点で、もう手応えがなかった。休み明けで馬体減でのレコード走だった前走の反動が出たとしか考えられない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル