早目進出から5馬身差V サトノクラウンの甥ファストアプローチ

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大型馬がガラリ一変 ファストアプローチ

8/6(日) 札幌1R 2歳未勝利 芝1500m
ファストアプローチ 牡 馬体重:532kg(-4)
★★★★★ 5点〔1600万クラス〕
騎手:四位 厩舎:(美)  藤沢和
生産:ノーザンファーム
馬主:山本英俊
父:Dawn Approach
母:ジョリージョコンド(Marju)

外枠からロスの大きい形ではあったが、道中の行きっぷりは上々。積極的に鞍上も動かしていって3~4角で前を捉えにかかると、直線入口ではすでに2~3馬身近いリードを形成。完全に抜け出したことで若干気を抜く面を見せはしたが、最後は鞍上も流しての5馬身差圧勝。まだ粗削りな走りながらも高い能力を示してみせた。

馬体診断

530キロ超の大型馬。初戦時からマイナス4キロと、数字的には若干絞れた程度だが、見た目はガラリ一変。明らかに体が絞れてパドックでの脚どりにも軽さが出てきていた。とはいえ気性面の幼さはまだまだ抜け切っておらず、この点に関しては課題だろう。2000m級となると微妙だが、体型的にマイル位はこなせていい。

血統診断

母ジョリージョコンド自身は愛・GIII3着の実績だが、全妹ライトニングパールは芝1200mの英・GIチェヴァリーパークSを勝ち、全弟サトノクラウンは香港ヴァーズと宝塚記念を制覇。ガリレオの直系である父は英2000ギニーの勝ち馬で、祖父ニューアプローチも英ダービー勝ち馬でありながら1400mのGIを勝っており、兄にシンコウフォレスト(高松宮記念)がいる血統。この点を考えると、マイル以下でこそのタイプに育ちそう。

馬券の狙い目→父系は仕上がり早の系統で気性面がクリアになれば面白い。クロッカスS(東京1400m)やニュージーランドT(中山1600m)のようなマイル以下のレースで。

サトノクラウン

ファストアプローチの叔父にあたるサトノクラウン(写真は今年の宝塚記念、撮影:日刊ゲンダイ)(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル