またまた藤沢・ルメール・キャロットF フラットレーに★7つ

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同厩レイエンダそっくりのレースぶり フラットレー

8/13(日) 札幌5R 2歳新馬 芝1800m
フラットレー 牡 馬体重:478kg
★★★★★★★ 7点〔GIIIクラス〕
騎手:ルメール 厩舎:(美) 藤沢和
生産: ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム
父:ハーツクライ
母:リッチダンサー(Halling)

開幕週の札幌で鮮烈なデビューを飾ったレイエンダの姿を思い浮かべた人も多かっただろう。何故なら厩舎・鞍上・馬主が全く一緒。2つのレースを実際に並べて観たが、レースぶりもほとんど一緒ときた。良い意味で力を出し切ってはいないだけに、稍重の馬場状態も手伝って能力面の推し量りづらさはあるものの、上がり2位の2着馬マツカゼ(36秒8)と比してこちらは35秒9。レイエンダ骨折の知らせは残念だが、その穴を埋める存在になることを期待したい。

馬体診断

ハーツクライ産駒らしく、スラッとした気品のある馬体の持ち主。現時点での筋肉量も十分と言えるものだろう。繋ぎの長さがあって柔軟性もあり、瞬発力勝負もOK。前後の幅があってトビも大きめということで、距離延長も苦にしないだろうし、勿論2000m前後もこなす。意外と重心の低い安定感のあるフォームで走るので、多少の道悪も問題なさそう。

血統診断

デビューの遅れた1歳上の半姉以外は兄姉馬が全て勝ち上がり、それも2勝以上をマーク。ゼンノロブロイを父に持つ半姉バウンスシャッセは重賞3勝、オークス3着と活躍した。母父Hallingは英仏で中距離GIを5勝した名競走馬。種牡馬としても今年のドバイシーマクラシックを制したジャックホブスを出している。兄姉を見るとマイル~中距離志向が強いタイプだが、父がハーツクライの本馬はもう少し長めの距離でも。

馬券の狙い目→馬体・血統的に完成は古馬、という印象もあるが、現時点でも十分にレベルは高い。まずは百日草特別(東京2000m)や葉牡丹賞(中山2000m)のような長めの条件で。

ハーツクライ

フラットレーの父は今春のクラシックでも活躍馬を多く輩出したハーツクライ(写真は2005年の有馬記念、撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル