加速ラップでマンカフェ産駒1000勝! メイショウテッコンに高評価

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

距離延長OKの馬体 メイショウテッコン

9/3(日) 小倉5R 2歳新馬 芝1800m
メイショウテッコン 牡 馬体重:486kg
★★★★★ 5点〔1600万クラス〕
騎手:鮫島駿 厩舎:(栗)  高橋忠
生産:下屋敷牧場
馬主:松本好雄
父:マンハッタンカフェ
母:エーシンベロシティ(Lemon Drop Kid)

スタートは良くなかったが、二の脚は速く好位グループの後ろへ。終始楽な手応えで残り400m地点から仕掛けていき、最後は2着馬との叩き合いをクビ差制した。まだまだ余力のある脚色で、ラスト3Fのラップも11秒9-11秒7-11秒4と速い。将来性のある勝ちっぷりで高く評価できる。

メイショウテッコン

“加速ラップ”でデビュー勝ちを収めたメイショウテッコン(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

パドックでは変にスイッチが入って幼い面ものぞかせていた。追い切りでは好時計をマークしていたものの、乗り込み量自体は少なめで、まだ馬体には余裕を感じさせる仕上がり。それでも父マンハッタンカフェの産駒らしく気品があってスラッと伸びた四肢や伸びやかな脚捌きが特徴的に映った。距離延長もOKな伸びシロのある馬体と言えよう。

血統診断

母エーシンベロシティは中央未勝利に終わったが、佐賀での9連勝など一連の成績から中央500万クラスの力はあっただろう。母父Lemon Drop Kid(レモンドロップキッド)はベルモントSなどアメリカのダートGIを5勝した名競走馬。兄弟や近親を見るとダート寄りの血族だが、本馬は父の影響が大きいスタミナを内包した芝の中長距離タイプに見える。

馬券の狙い目→レースセンスありで距離延長もOK。紫菊賞や黄菊賞(ともに京都芝2000m)のような中距離戦が現状ではベスト。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル