おじに2頭のGIウィナー! ロードカナロア牝駒アンフィトリテに★6つ

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

短距離志向も融通は利く アンフィトリテ

9/18(月) 中山5R 2歳新馬 芝1200m
アンフィトリテ 牝 馬体重:464kg
★★★★★★ 6点〔OPクラス〕
騎手:ルメール 厩舎:(美) 宗像
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム
父:ロードカナロア
母:アドマイヤフッキー(フジキセキ)

立ち遅れかけたが、スッと行き脚がついて中団馬群へ。直線で外に持ち出されると、坂下から鮮やかな切れ味を披露して楽々と差し切り勝ちを収めた。3F~5F目がすべて11秒7という起伏のない展開で、馬場の傾向から言っても前が残って不思議のないレース。雨上がりの時計の出やすい状態とはいえ、自身のラスト1Fは恐らく10秒6~10秒7で、非凡な瞬発力が感じられる。

アンフィトリテ

外目を鋭く伸びたアンフィトリテ(左)がデビュー勝ち(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

腹回りはスッキリとしたシルエットだが、胸前や肩回り、トモの肉付きは十分。一見スプリンターと言い切れないのは胴がそれほど詰まっていないため。繋が立っていて、脚元の捌きにやや堅さも見受けられるのは気掛かり。それでも力強い踏み込みは目立っていたし、落ち着いた気性も評価できる。1400m、1600mと距離が延びても面白い。

血統診断

母アドマイヤフッキーと祖母のトキオリアリティーは、ともに短距離戦で3勝。さらに、父がロードカナロアという基本構成からすれば1200m戦でのデビューは当然とも言える。その母の兄弟馬であるアイルラヴァゲイン(オーシャンS)、リアルインパクト(安田記念)、ネオリアリズム(香港クイーンエリザベス2世C)は、様々な距離で活躍している。短距離志向が強いのは間違いないが、多少の融通は利くタイプだろう。

馬券の狙い目→タメが利くので距離延長はOK。くるみ賞(東京芝1400m)など、瞬発力を生かせる条件・状況で狙いたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル