レイデオロの信頼度を解析 皐月賞→ダービーで着順UPした馬は…

重賞データ攻略
神戸新聞杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年はダービー2着のサトノダイヤモンドがここから菊花賞、有馬記念を制覇と大きく羽ばたいた。過去を振り返っても錚々たるメンバーが集結する神戸新聞杯。ダービー馬レイデオロは果たして…!?

ダービー馬レイデオロの信頼度は?

 過去10年でダービー馬が4頭、ダービー2着馬が6頭、実にダービー連対馬の半数がこの神戸新聞杯で秋緒戦を迎えている。当然、レイデオロのジャッジが最優先課題となるだろう。

人気別成績(過去10年)
1番人気〔6.2.0.2〕
2番人気〔1.1.4.4〕
3番人気〔2.2.1.5〕
4番人気〔0.0.1.9〕
5~9番人気〔1.5.4.40〕
10番人気以下〔0.0.0.59〕

 とにかく1番人気馬の信頼度は高い。1番人気で馬券を外した2頭は2007年12着フサイチホウオー(ダービー1番人気7着)、2009年4着アンライバルド(ダービー1番人気12着)と、ダービーで人気に推されながらも掲示板を外していた馬達。2~3着馬に関しては5~9番人気の中穴にも出番はあるが、流石に2桁人気馬の台頭は度外視してもいい。

ダービー組の前走着順別成績(過去10年)
1着〔3.1.0.0〕
2着〔3.2.0.1〕
3~5着〔2.2.0.3〕
6~9着〔0.0.2.8〕
10着以下〔0.1.1.15〕

 ダービー連対馬となると、無条件で連軸にしても良いレベル。馬券に絡んだダービー組の実績を見ると、17頭全馬に重賞連対実績があり、14頭は重賞勝ち馬。17頭中15頭はGIでの連対実績があった。次に注目したのはダービーと皐月賞の関係。

神戸新聞杯におけるダービーと皐月賞の関係性

  • ダービーの着順が皐月賞より上もしくは同じ〔6.4.0.9〕
    →このうちダービー連対馬は〔5.3.0.1〕
  • ダービーの着順が皐月賞よりも下〔1.1.2.9〕
    →このうちダービー3番人気以内なら〔1.1.2.2〕

 こうなるとやはりレイデオロの信頼度はかなり高いのが分かる。先のセントライト記念やローズSで新興勢力が勝ったからと言っても、それとは話が違う。

レイデオロ

ダービー馬レイデオロに死角は見当たらない(撮影:日刊ゲンダイ)

 その他の春2冠出走馬となると、皐月賞16着→ダービー4着と大きくジャンプアップしたマイスタイルが相手候補に挙がる。逆に、ダービーで着順を落としているカデナダンビュライトはやや割り引いて考えたい。

前走・条件戦組の台頭はあるか

 過去10年、当レースで馬券に絡んだ30頭のうち、3分の1近い11頭は皐月賞・ダービーに出走していなかった馬。別路線組も警戒して損はない。

前走レース別成績(過去10年)
ダービー〔8.6.3.28〕
ラジオNIKKEI賞〔1.1.1.8〕
500万〔0.0.0.24〕
1000万〔0.2.4.34〕
1600万〔1.0.0.4〕
OP特別〔0.0.1.10〕

 主に拾えるのは前走・1000万組。馬券に絡んだ6頭は全て前走2着以内、そして敗れていてもタイム差なしの馬だった。ここではキセキがこの条件をクリア。毎日杯では皐月賞馬アルアインから0.2秒差の3着と実力は証明済み。

 その毎日杯で2着だったサトノアーサーも侮れない。ディープインパクト産駒は当レースで〔1.2.3.11〕と複勝率は上々。なにより池江寿厩舎が〔3.0.2.4〕と好成績なのも無視できない。ダービーこそ10着だったが、先週のセントライト記念のアルアイン(2着)、サトノクロニクル(3着)と同厩舎での使い分けにも妙味が漂う。

結論

◎レイデオロ
△マイスタイル
△キセキ
△サトノアーサー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル